mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

読んで強くなるテニスの教科書「考えるテニス 新装版」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200610081626j:plain

考えるテニス 新装版

学研ホールディングスのグループ会社である学研プラスは、2020年5月28日(木)に、橋爪宏幸氏著書による、読めばテニスが楽しくなる、強くなる、仕事をしながらトーナメント200タイトル獲得の現役レジェンドが「試合で勝てる考え方」を直伝する書籍の新装版となる読むテニスの教科書「考えるテニス 新装版」を発売した。

 

橋爪宏幸Profile●1959年11月3日生まれ。東京都出身。麻布高校、東京薬科大学を卒業。薬剤師免許と文部科学省テニス指導員資格を取得。現在は、神奈川県横浜市で薬局を経営するかたわら、試合・レッスン・出版活動を続けている『戦う薬屋さん』。テニスクラブ・フロンティア所属。プリンス・アドバイザリースタッフ。強打するのではなく、観察・組み立て・駆け引きを武器に勝ち取ったタイトル数は200を超える。近年は2017・2018年全日本都市対抗大会神奈川県代表、2018年横浜市民大会55歳以上男子ダブルス、神奈川オープンベテラン45歳以上男子ダブルス、神奈川オープンベテランウインター50歳以上男子ダブルスで優勝。コーチに教わったことやスクール経験はなし。多くの回り道をしながら独学で培ったテニス理論は実践的でわかりやすく、定評がある。出版活動は、テニス専門誌『スマッシュ』での連載記事のほか、テニス専門のWEBサイト『テニスストリームTV』では動画レッスンの配信や週刊コラム「勝利のレシピ」を執筆。また今までに『配球とコンビネーションで勝つテニスダブルス』、『テニスダブルス 勝てるポジショニング・決まるショット』(ともに学研プラス)をはじめ、出版した書籍は19冊に及ぶ。「生涯現役」を目標に、横浜市の社会人テニスサークル「テニスクラブ・フロンティア」で活動中。

 

テニスのおもしろさを再発見できる考えて、勝つヒント135話「考えるテニス 新装版」

元祖「草トー王」の異名を持つ草トーナメント界のレジェンド・橋爪宏幸氏が2013年に上梓した書籍「考えるテニス」が、新装版となって復刊。フィジカルやテクニックが決して一番ではなかった橋爪氏が、なぜトーナメントで200勝以上もできたのか。「考えるテニス 新装版」には、その秘密が余すところなく詰め込まれている。勝つために橋爪氏が考えてきたこと、実践してきたことだけではなく、テニスに対する橋爪氏の思いも込められており、テニスの楽しみ方も合わせて知ることができる。スクールに通ったことがなく、コーチに師事した経験もない橋爪氏が、多くの回り道をしながら50年近い経験と独学で得た考え方は、多くの一般プレーヤーの参考となるだろう。また、「考えるテニス 新装版」は、1テーマごとに簡潔にまとめた、135話のコラム仕立てになっています。時間のあるときに一気に読むもよし、目次から気になるテーマから拾って読むもよし、バッグに忍ばせておいてプレー前の確認のために読むもよし。ぜひ「考えるテニス 新装版」を、あなたの新しいパートナーに。

f:id:mojiru:20200610082122j:plain


「考えるテニス 新装版」おもな内容

【第1章 独自の知識と豊富な経験から導いた 草トー勝利の哲学】違いに気付けば一気に上達する / 新技をマスターする6ステップ / コーチの言うことがすべてではない / 「予測する」って何? /週末に勝つための日常の過ごし方 / 自己催眠で緊張を和らげる……など。

f:id:mojiru:20200610081709j:plain


 

【第2章 今ある技術を簡単に伸ばす 新発想で見方を変える】インパクトでは目をつぶって打つ / 即効調整法で乱れたフォームを整える / 伝説のバンド、クイーンに学ぶリズム変化 / 自分に合ったマテリアルを選ぶ……など。

 

 

【第3章 必ず上位に勝ち残れる すぐに使える超実戦テクニック】サインプレーの見破り方 / ノーアドで勝つための考え方 / ミックスダブルスの勝ち方 / ウォーミングアップの三つの心得 / 打つ前のサーバーからわかること / 性格はグリップに現れる / 目障りな相手前衛をビビらせる / 1回のポーチで劇的な効果をあげる……など。

f:id:mojiru:20200610081809j:plain


 

 

【第4章 自分を知り相手を知る 最強メンタルタフネス】威嚇してくる相手は本当に怖いのか? / 1-4より0-5のほうがまくりやすい / 「ドンマイ」にもいろんなタイプがある / 相手の精神状態を知れば自分の状態もわかる……など。

f:id:mojiru:20200610081955j:plain

 

【第5章 トーナメントの最後まで戦える フィジカルを作り上げる】熱中症を防ぐ四つのポイント / 寒い冬でもサーブを即全開させる方法 / 空き時間にできる腰痛予防体操 / こむら返りは防げる / 疲労回復が勝負を分ける / 中高年でも動体視力と瞬発力は鍛えられる……など。

 

 

【第6章 数千単位のペアと戦った経験と研究でわかった! 究極のタイプ別攻略法】ベースライン居座りペア、完全雁行陣ペア、ネットでしこる平行陣ペア、一人狙いをしてくるペア……など、相手のタイプ別攻略法×15。

f:id:mojiru:20200610082047j:plain

 

【第7章 試合中の負けムードを払拭する 即効トラブル脱出法(実戦ですぐに効くドリル付き)】ショットのミスが多くなる、思い切ったプレーができなくなる、攻めているのにポイントが取れない、コンビネーションが上手くいかない、足が動かなくなる、ミスするのが早くなる、ミスを引きずる、風・日差し・雑音が気になる……などのトラブル脱出法×22。

f:id:mojiru:20200610081732j:plain

「考えるテニス 新装版」Amazonでの購入はこちら

 


「考えるテニス 新装版」楽天市場での購入はこちら

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー