mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

へんないきものによる絵と擬音絵本「そら にげろ」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190510085134p:plain

そら にげろ

岩崎書店から大人気の絵本作家・長田真作氏による絵と擬音で会話がはずむ絵本「そら にげろ」を、2019年5月15日が発売された。

f:id:mojiru:20190510085210j:plain

長田真作Profile●1989年12月11月生まれ。広島県出身。2014年より独学で絵本の創作活動にはいる。主な刊行書に、『あおいカエル』(文・石井裕也、リトルモア)、『タツノオトシゴ』『コビトカバ』(PHP研究所)、『きみょうなこうしん』『みずがあった』『もうひとつのせかい』(三部作、現代企画室)、『ことはちゃん』『ちなつくん』(ともにイースト・プレス)、『光と闇と』(集英社)、『ヒミツのトビラ』『はなげおやじ』『こまった虫歯』(高陵社書店)、『かみをきってよ』(岩崎書店)などがある。

「そら にげろ」ストーリー

f:id:mojiru:20190510085206p:plain

「とんっ とんっ…」
「ちちちち…」
「のしっ のしっ…」

へんてこな生きものたちが、いろんな音をたてて、にげていくよ。

はやく! はやく!
とにかく トコトコ ずんずん 
どこまでも、にげてにげて、にげきって!

つぎは なにが でてくるかな?
子どもの想像力が広がる、ゆかいな絵本。

幾何学模様と擬音で構成された、脳を刺激する絵本「そら にげろ」

 

f:id:mojiru:20190510085301j:plain

f:id:mojiru:20190510085304j:plain

f:id:mojiru:20190510085307j:plain

f:id:mojiru:20190510085309j:plain

三角形や四角形、楕円、曲線などの、単純な図形を組み合わせて描かれた生きものが、色々な音をたてて、次々と登場するのが絵本「そら にげろ」。
生き物は、見たことがあるようなないような、へんてこな造形。
ハッとするような独特の図形と色の組み合わせが、子どものビジュアル感覚を触発します。

「かっ かっ かっ かっ」「ずんっ ずんっ ずんっ ずんっ」。
へんてこな生きものの、大きさ・姿・行動に呼応するような、色々な擬音で、バラエティに富んだオノマトペに触れることで、言葉の感性も育つ。

子どもと対話しながら楽しめる絵本「そら にげろ」

学童保育のスタッフを経て、絵本作家になったという経歴を持つ、作者の長田真作氏。子どもと対話しながら楽しめる絵本を目指して作ったのが絵本「そら にげろ」となる。

これはなに? どんな逃げ方? どこへ行くの?
子どもが興味をもったらしめたもの。
「なんだと思う?」と問いかけてみてください。にげかたをマネしてみるのも楽しいですね。
絵と擬音から、子どもは想像力を発揮して、自分なりの生きもの像を空想することだろう。

絵本「そら にげろ」作者・長田真作氏からのメッセージ

ここでにげている かれらは おそらく どうじに にげています。
でも かけっこではありません。せっせと にげているのです……。
それにしても だれがいちばん にげあしが はやいのかな?

「そら にげろ」Amazonでの購入はこちら
そら にげろ

そら にげろ

 
「そら にげろ」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

そら にげろ [ 長田 真作 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/5/10時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー