mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

子ども向けの楽曲「ピーターとオオカミ」が絵本になった

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200221084731j:plain

ピーターとオオカミ

偕成社は、子ども向けの楽曲として長年親しまれてきた「ピーターと狼」の絵本を、『ともだちや』『めっきらもっきらどおんどん』など多くの作品を手がけてきた絵本作家・降矢ななさんの絵で2020年3月4日に発売する。文は森安淳氏が担当。

「ピーターとオオカミ」は、「2019年夏に開催されたセイジ・オザワ 松本フェスティバル」で、絵本作家・降矢なな氏の絵を投影して上演された子ども向けの楽曲「ピーターとオオカミ」の絵本化した作品。また、2020年2月末からは原画展も開催となる。

 

▼著者情報

作:セルゲイ・プロコフィエフProfile●1891年、ロシア(現在のウクライナ)に生まれる。協奏曲、オペラ、交響曲、ピアノ曲など、あらゆるジャンルの作品を数多く作った作曲家。子どものための組曲も手がけており、「ピーターとオオカミ」は、ロシアの民話をもとに台本を書き、交響曲物語として作曲した。

 

絵:降矢ななProfile●1961年東京に生まれる。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学・版画科卒業。作品は、『めっきらもっきらどおんどん』(福音館書店)でデビュー。作品に、『きょだいなきょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』『ちょろりんのすてきなセーター』「やまんばのむすめ、まゆ」シリーズ『あたまをつかった小さなおばあさん のんびりする』『あたまをつかった小さなおばあさん がんばる』(以上福音館書店)、「おれたち、ともだち!」絵本シリーズ(偕成社)、『いそっぷのおはなし』(グランまま社)、『ナミチカのきのこがり』「わらべうたでひろがるあかちゃん絵本」シリーズ(童心社)、『黄いろのトマト』(ミキハウス)、『やもじろうとはりきち』(佼成出版社)『どうぶつABCえほん』(のら書店)など多数。年2回刊行誌「鬼ヶ島通信」にてマンガを連載中。スロヴァキア在住。

 

絵:ペテル・ウフナール●1970年スロバキア・ソブランツェ生まれ。イラストレーター・画家。コシツェ応用芸術高校で学んだ後、ブラチスラバ芸術大学で版画科でドゥシャン・カーライ教授に師事する。現在ブラチスラバ近郊のペジノク市 で版画、ペインティング、本のイラストレーションなどの制作をしている。『ピーターパン』(Slovart刊)で「スロバキアでもっとも美しい本」コンペティション2008 ? スロバキア文部大臣賞受賞、他の 作品に『12の月のおくりもの』(PERFEKT刊)、『びっくりぎょうてん』(小長谷清美・文/福音館書店)などがある。

 

文:森安淳

 

ピーターと狼とは

「ピーターと狼」は、ロシアの作曲家セルゲイ・プロコフィエフが、ロシアの民話をもとにお話を書き、子どものための音楽物語として作曲。登場人物を異なる楽器で演奏することで表現し、観客は語りと演奏を同時に聞くスタイルで鑑賞。
勇敢な少年ピーターが、森から現れたオオカミを捕まえる物語で、小鳥やアヒル、猫などの登場人物を交えて演奏し、子ども向けの音楽への導入として長年親しまれてきた作品。

<登場人物とその楽器>
・小鳥(フルート)
・アヒル(オーボエ)
・猫(クラリネット)
・お祖父さん(ファゴット)
・狼(ホルン)
・狩人の撃つ鉄砲(ティンパニと大だいこ)
・ピーター(弦楽器)



絵本『ピーターとオオカミ』ができるまで

2019年夏に、?野県松本市で開催された「セイジ・オザワ松本フェスティバル」内での「ピーターと狼」の上演にあたり、初の試みとして、背景のスクリーンに絵を投影することになった。その画家として抜擢されたのが、『ともだちや』『めっきらもっきらどおんどん』など、数々の絵本を手がけてきた降矢なな氏。このために40点以上の絵を描き下ろししている。

当日は、曲にあわせた俳優ムロツヨシ氏による語りとともに絵が投影され、「聴く絵本」として大きな話題を集めた。

絵本『ピーターとオオカミ』は、フェスティバルで上演されたプロダクションをもとに、それぞれ加筆、修正を加えたものです。降矢ななさんの巧みな場面構成で描かれた大胆な絵で、音楽が聴こえてくるような絵本となっている。



2月29日より、教文館ウェンライトホールで原画展開催!

降矢なな氏の『めっきらもっきらどおんどん』での絵本デビュー35周年を記念して、銀座・教文館では「降矢なな絵本原画展」が開催され、『ピーターとオオカミ』の原画約30点を含む120点の原画が展示される。

 

▼会期
2020年2月29日(土)~2020年4月13日(月)会期中無休

 

▼時間
11:00~19:30(入場は19:00まで/最終日は17:00閉場)

 

▼会場
銀座 教文館9Fウェンライトホール

 

▼第2会場
銀座 教文館6F 子どもの本の店 ナルニア国

 

▼住所
東京都中央区銀座4丁目5-1 教文館ビル

 

▼入場料
大人800円、大・専門学校生500円、小・中・高校生100円 未就学児無料

 

▼お問い合わせ
銀座 教文館 電話03-3561-8446(代)

 

▼前売チケット情報
『ピーターとオオカミ』缶バッチつき前売りチケット(先着200名様)発売中
※前売りチケットは大人券(一般券)のみ。
※教文館6F 子どもの本の店ナルニア国でお買い求めいただいた人のみ対象。(~2/28まで)

 

▼関連サイト
降矢なな絵本原画展(偕成社 本サイト)

www.kaiseisha.co.jp

 

▼特別展 降矢なな絵本原画展(教文館サイト)

www.kyobunkwan.co.jp


「ピーターとオオカミ」Amazonでの購入はこちら
ピーターとオオカミ

ピーターとオオカミ

  • 作者:森安 淳
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: 単行本
 

 

「ピーターとオオカミ」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピーターとオオカミ [ プロコフィエフ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー