mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

シャチ写真約120点掲載!世界で一番美しいシャチ図鑑

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190625085301j:plain

世界で一番美しい シャチ図鑑

誠文堂新光社は、2019年7月5日(金)に、シャチの美しい写真約120点を掲載した「世界で一番美しい シャチ図鑑」を発売した。
近年、世界の各地に生息するシャチの生態が精力的に研究され、生息地により姿形や食性、暮らしぶりが異なる群れが生息することが明らかになってきた。
誠文堂新光社は、2019年7月5日(金)に、「シャチ」の美しい写真約120点を掲載した「世界で一番美しい シャチ図鑑」では、クジラを中心とした世界の海洋生物撮影の日本の第一人者、水中カメラマン・水口博也氏の美しく幻想的かつ、ダイナミズム溢れるシャチの写真が120点近く堪能できる。

水口博也氏の写真は、野生動物の生態のしっかりした描写だけでなく、アート性も高く、見る者を圧倒させる。単なるビジュアルに止まらず、最新のシャチ情報も掲載し、それぞれの生態をも理解できる一冊になっている。

凪の海に静かに頭を出して佇む、群れをなすニシンの群れに突進する、夕暮れに染まる美しいノルウエイの海で遊泳する…。そんな、自然界がバックに拡がる美しいシーンだけでなく、野生そして自然とはこんなに残酷かと言わしめる、アシカの仲間のオタリアを狩る衝撃的な写真は、生態系の凄みを存分に体感させてくれる。

f:id:mojiru:20190625085451j:plain

f:id:mojiru:20190625085457j:plain

f:id:mojiru:20190625085505j:plain

f:id:mojiru:20190625085520j:plain

水口博也Profile●1953年大阪生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社にて自然科学系の書籍の編集に従事。1984年フリーランスとして独立。以来、世界中の海をフィールドに、動物や自然を取材して数々の写真集を発表。1991年「オルカ アゲイン」で講談社出版文化賞写真賞受賞。2000 年、第5回日本絵本賞大賞受賞。著書に、『ペンギンの楽園』(山と渓谷社刊)、『クジラと海とぼく』(アリス館刊)『ぼくが写真家になった理由』『アマゾンのピンクドルフィン』(シータス刊)、『世界の海へ、シャチを追え!』(岩波書店刊)、以下全て誠文堂新光社刊『ネイチャーミュージアム 世界で一番美しい ペンギン図鑑』、『ネイチャーミュージアム 世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑』、『シャチ生態ビジュアル百科』、『イルカ生態ビジュアル百科』、『クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑』 など多数。

「世界で一番美しい シャチ図鑑」目次

■北太平洋のレジデント
南のレジデント/北のレジデント/南部アラスカのレジデント

・シャチをめぐる冒険――レジデントとトランジェントからはじまる物語 ― 水口博也
・シャチの子殺しについて Jared Towers

■北太平洋のトランジェント
・アラスカ、プリンス・ウィリアム湾のAT1トランジェント ― 水口博也
・カリフォルニア、モントレー湾でコククジラを襲うシャチ ― Nancy Black

■道東のシャチ
・知床・羅臼のシャチの暮らし ― 三谷曜子、大泉宏、中原史生、斎野重夫、山本友紀子、吉岡基

■ノルウェー北極圏のシャチ
・遺伝子研究から見たシャチの多様性と進化 ― Andre Moura

■アルゼンチン、プンタノルテのシャチ
■西オーストラリアのシャチ
・オーストラリア、ブレマー海底渓谷海域のシャチ ― 吉田真智

■さまざまな海のシャチたち
 クロゼ諸島/コルテス海/ガラパゴス諸島/南アフリカ/ニュージーランド

・南半球のシャチ― Jared Towers

・南極のシャチ
 タイプA/タイプB1/タイプB2/タイプC/タイプD

・シャチの未来を危ぶむ有害化学物質― 野見山桂

「世界で一番美しい シャチ図鑑」Amazonでの購入はこちら
世界で一番美しい シャチ図鑑: 絶景・秘境に息づく

世界で一番美しい シャチ図鑑: 絶景・秘境に息づく

 

近年、世界の各地に生息するシャチの生態が勢力的に研究され、生息地により姿形や食性、
暮らしぶりが異なる群れが生息することが明らかになってきました。

本書は、クジラを中心に世界の海洋生物撮影の日本の第一人者、水中カメラマン水口博也の美しく幻想的かつ、
ダイナミズム溢れるシャチの写真が100点近く堪能できます。

水口氏の写真は、野生動物の生態のしっかりした描写だけでなく、アート性も高く、見る者を圧倒させます。
単なるビジュアルに止まらず、最新のシャチ情報も掲載し、それぞれの生態をも理解できる1冊です。

「世界で一番美しい シャチ図鑑」楽天市場での購入はこちら

 

 

世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑

f:id:mojiru:20190625090023j:plain

誠文堂新光社は、2018年3月8日(木)に、ダイナミックな写真が満載の大図鑑「ネイチャー・ミュージアム 世界で一番美しいクジラ&イルカ図鑑」を発売した。
「ネイチャー・ミュージアム 世界で一番美しいクジラ&イルカ図鑑」には、クジラ撮影の日本の第一人者、水中カメラマン水口博也氏の美しく幻想的かつ、ダイナミズム溢れるクジラ・イルカの写真が、150点近く掲載されている。
水口氏の写真は、種数の多さだけでなく、アート性も高く、見る者を圧倒させ、単なるビジュアルに止まらず、最新のクジラ・イルカ情報も掲載し、それぞれの生態をも理解できる1冊になっている。
ダイナミックなクジラ(イルカ)の写真はもちろん、幻想的かつ美しい背景にたたずむクジラ(イルカ)の写真を網羅。
流氷がそびえる北極の海で遊泳、厳冬を耐える大群、透き通る海を泳ぐ。崖からのダイビングなどその他、種解説、生息地、生態の秘密なども掲載。
ザトウクジラ、ヒゲクジラ、コククジラ、シロナガスクジラ、ナガスクジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、ミンククジラ、クロミンククジラ、セミクジラ、ホッキョククジラ、マッコウクジラ、イッカク、ベルーガ他。

f:id:mojiru:20190625090040j:plain

f:id:mojiru:20190625090045j:plain

f:id:mojiru:20190625090050j:plain

f:id:mojiru:20190625090054j:plain

「ネイチャー・ミュージアム 世界で一番美しいクジラ&イルカ図鑑」目次

Encounter p.10
Majesty of the Deep p.16
Reflection p.24
Splash p.30
Icy World p.38
Living in the Forest p.48
Tales of Tails p.58
Chasing Fish p.66
Living by Teeth p.78
The Biggest Gulp p.86
Rings & Spirals p.102
Whiter than White p.110
With Companion p.118
Blue Water Cradle p.126
Magic Hour p.136
写真解説 p.150
あとがき p.158

「世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑」Amazonでの購入はこちら
世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑: 絶景・秘境に息づく (ネイチャー・ミュージアム)

世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑: 絶景・秘境に息づく (ネイチャー・ミュージアム)

 
「世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑」楽天市場での購入はこちら 

 


世界で一番美しい ペンギン図鑑

f:id:mojiru:20190625090531j:plain

誠文堂新光社、2018年6月7日(木)に、ペンギンたちの生態を世界の美しい絶景と共に収められた写真200点以上掲載した「世界で一番美しい ペンギン図鑑」を発売した。
「世界で一番美しい ペンギン図鑑」は、ワイルドライフ写真家として高く世界で評価され、南極やフォークランド諸島、サウスジョージアなど亜南極の島じまでペンギンを長く撮影している水口博也氏と、同様に精力的に撮影活動をつづける気鋭の写真家、長野敦氏の写真を中心に、世界中のペンギン類のすぐれた生態写真200点以上を一堂に集めた、見ごたえある一冊。
美しい芸術書として楽しめると同時に、撮影者たちの現場からの報告や、ペンギンの専門家による最新情報を掲載した寄稿もあり、生態や進化についてもより深く理解でき、愛くるしいペンギンの雛が巻頭から迎えてくれる、世界の美しい絶景、秘境に棲むペンギンたちの生活を追いかけたビジュアル満載の図鑑になっている。

f:id:mojiru:20190625090556j:plain

f:id:mojiru:20190625090601j:plain

f:id:mojiru:20190625090606j:plain

「世界で一番美しい ペンギン図鑑」目次

寄稿 ペンギンはどう進化してきたか 安藤達郎 p.14
New Zealand and its Sub-Antarctic Islands p.20
ニュージーランドの外来動物とペンギン p.34
Macquarie Island p.36
South Africa p.52
South America p.56
Falkland Islands p.64
South Georgia p.86
Antarctic Peninsula and South Shetland Islands p.106
激減する南極半島のアデリーペンギン水口博也 p.126
Territories of Emperor Penguins p.128
寄稿 ペンギンたちはどう暮らしているか 綿貫 豊 p.148
各種紹介 p.152
あとがき  p.158

「世界で一番美しい ペンギン図鑑」Amazonでの購入はこちら
世界で一番美しい ペンギン図鑑: 絶景・秘境に息づく (ネイチャー・ミュージアム)

世界で一番美しい ペンギン図鑑: 絶景・秘境に息づく (ネイチャー・ミュージアム)

 
「世界で一番美しい ペンギン図鑑」楽天市場での購入はこちら

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー