mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

坂口安吾×夜汽車による乙女の本棚「夜長姫と耳男」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20191122123800j:plain

夜長姫と耳男

インプレスグループで文芸・料理関連の出版事業を展開する立東舎は、乙女の本棚シリーズの最新刊として文豪・坂口安吾と人気イラストレーター・夜汽車氏のコラボレーションによる「夜長姫と耳男」を2019年11月21日に発売した。

 

f:id:mojiru:20191122123822j:plain

f:id:mojiru:20191122123818j:plain

 

坂口安吾Profile●明治39年(1906年)新潟県生まれ。東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒。アテネ・フランセにも通う。1955年死去。代表作に『堕落論』、「白痴」、「桜の森の満開の下」などがある。

夜汽車Profile●イラストレーター。少女を描くことと19世紀末の挿絵画家を好む。懐かしいような落ちついた雰囲気のイラストを目標に制作している。著書に『おとぎ古書店の幻想装画』、『Illustration Making & Visual Book 夜汽車』がある。

乙女の本棚とは…

乙女の本棚とは、文豪の名作に、現代のイラストレーターが自由な感性でイラストを添える、絵本感覚で楽しめるコラボレーション・シリーズ。現在でも幅広い世代から支持を集める文豪・坂口安吾の「夜長姫と耳男」に、イラストレーター・夜汽車氏が描き下ろしで多くのイラストを制作。オールカラーで、小説世界をより豪華に楽しむことができる作品になっている。

「夜長姫と耳男」Amazonでの購入はこちら
夜長姫と耳男 (立東舎 乙女の本棚)

夜長姫と耳男 (立東舎 乙女の本棚)

  • 作者:坂口安吾
  • 出版社/メーカー: 立東舎
  • 発売日: 2019/11/21
  • メディア: 単行本
 

人気シリーズ「「乙女の本棚」第12弾は坂口安吾×イラストレーター・夜汽車のコラボレーション!
小説としても画集としても楽しめる、魅惑の1冊。全イラスト描き下ろし。

好きなものは呪うか殺すか争うかしなければならないのよ。
師匠の推薦で、夜長姫のために仏像を彫ることになった耳男。故郷を離れ姫の住む村へ向かった彼を待っていたのは、残酷で妖しい日々だった。

ノスタルジーを感じさせる美しい作品で大きな話題を呼んでいるイラストレーター・夜汽車が坂口安吾を描く、珠玉のコラボレーション・シリーズです。
自分の本棚に飾っておきたい。大切なあの人にプレゼントしたい。そんな気持ちになる「乙女の本棚」シリーズの1冊。

 「夜長姫と耳男」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜長姫と耳男 (乙女の本棚シリーズ) [ 坂口安吾 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/22時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー