mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

写真とともに月の様々を紹介する「新版 月と暮らす。」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190711085307j:plain

新版 月と暮らす。

誠文堂新光社は、2019年7月10日(水)に、美しい月の写真とともに、月の満ち欠けから、暦、潮汐、バイオリズム、人と月の関わりなど月について分かりやすく紹介した「新版 月と暮らす。」を発売した。

「新版 月と暮らす。」は、「月と暮らす。」をベースに、美しい写真と図版を新しいものに置き換えるとともに、最新の話題も掲載。装丁およびデザインを定本の「月と暮らす。」から一新した一冊。


暦、潮汐、暦、バイオリズムなと、月の動きは人間の生活と深い関連があり、「月」のその不思議な魅力は多くの人々の好奇心をそそる。

美しい月、月の居る風景写真とともに、月の満ち欠けと人との関わりを紐解く「新版 月と暮らす。」では、暦や生活に関連する月の満ち欠け、新月、三日月、満月(十五夜)、十六夜、立待月、居待月、寝待月などの古来からの話題はもちろん、最近のニュースで話題となる、スーパームーンやブラッドムーンなども取り上げ解説するとともに、現象が起こる年月日や見方も紹介。

そのほか文学、美術、占星術や神話などの観点からの月についてのいろいろのほか、月明でできる月虹など、月にまつわる興味深い話を数多く紹介するので、読み終えた後、月をより身近に感じることができ、眺めてみようというという気にさせてくれ、「月」を観るのがもっと楽しくなる、もっと好きになれる一冊になっている。

f:id:mojiru:20190711085334j:plain

f:id:mojiru:20190711085339j:plain

f:id:mojiru:20190711085347j:plain

f:id:mojiru:20190711085357j:plain

f:id:mojiru:20190711085403j:plain

f:id:mojiru:20190711085410j:plain


藤井旭Profile●山口県山口市出身。1963年多摩美術大学デザイン科卒業。1969年、仲間とともに白河天体観測所を建設。1995年、オーストラリアにチロ天文台南天ステーションを建設。日本を代表する天体写真家である。主な著書に「藤井旭の天文年鑑」「火星の科学」「星と星座が光る星座早見」「星と星座パーフェクトガイド」「1等星図鑑」(いずれも誠文堂新光社刊)など。天文に関する著書多数。

「新版 月と暮らす。」目次抜粋

月の楽しみ/月のある風景/月の満ち欠け(月齢0~月齢29)/月の光/月のことば/月の文学/月の模様/月と暮らし/月世界旅行(月面、裏側など)/月を眺める、お月見/望遠鏡でのぞくと何が見える/月の満ち欠け(どうして形が変わる?)/新月/二日月/三日月/上弦/13日目の月(十三夜)/15日目の月(十五夜)/16日目の月(十六夜)/18日目の月/下弦/23日目の月/26日目の月/月齢と見える位置〔同時刻での比較;新月~上弦~満月;満月~下弦~新月〕/月齢ごとの月の動き(時刻を追って) 月の大きさ/月までの距離/大きく見える月(スーパームーン)と小さく見える月/月の自転と公転(いつも同じ側が見えている)/潮の干満/月の模様(何に見える)/月にまつわる風習/月の表面(山脈、クレーター、海など)/月の内部(構造)/月面上の世界/月から見た地球/月の裏側/日食と月食/惑星の食/月虹 /月を観察してみよう/これから起こる月の現象

「新版 月と暮らす。」Amazonでの購入はこちら 
新版 月と暮らす。:月を知り、月のリズムで

新版 月と暮らす。:月を知り、月のリズムで

 
「新版 月と暮らす。」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新版 月と暮らす。 月を知り、月のリズムで [ 藤井 旭 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー