mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

LETSに筑紫書体シリーズ30書体が8月から提供開始

【スポンサーリンク】

筑紫書体シリーズ新30書体がフォントワークス年間定額制フォントサービス「LETS」で2018年8月7日から提供開始

フォントワークスは、創業25周年記念して、同社がサービスを提供する年間定額制フォントサービス「LETS」で2018年8月7日から筑紫書体シリーズ新30書体の提供を開始すると発表した。

追加される「LETS」新書体は、フォントワークスのフラグシップフォント「筑紫書体」シリーズの新書体「筑紫Aヴィンテージ明朝」「筑紫Bヴィンテージ明朝」のL(ラージスタイル)とS(スモールスタイル)。
「筑紫Bオールド明朝」「筑紫Cオールド明朝」は、L/M/D/B/Eの各5ウエイトが追加。すでに提供されているウエイトRと併せて、それぞれ6ウエイトにファミリー化される。
また「筑紫明朝」は、ウエイトB/E/Hの文字セットが拡張され、Pr6が加わる。

 

筑紫Aヴィンテージ明朝

f:id:mojiru:20180724083159j:plain

© Fontworks Inc. All Rights Reserved.

「筑紫Aヴィンテージ明朝L/S-R」は、筑紫Aオールド明朝が持つ気品さ・高級感・繊細さといったの表現力を最大限まで高めた書風の明朝体。
従来の真四角にデザインされた明朝体とは異なる、本来多彩で豊かな日本語の文字の形状を活かしたデザインが、文字本来の生命力を感じさせ、組んだ時には音のリズムが生まれる。書体を見る人間、読む人間に、繊細かつ気高さを感じさせ、さらには優しく語りかけるような書体になっている。


筑紫Bヴィンテージ明朝

f:id:mojiru:20180724083205j:plain

© Fontworks Inc. All Rights Reserved.

「筑紫Bヴィンテージ明朝L/S-R」は、筑紫書体の書体デザイナーである藤田重信氏と取り上げた『NHKプロフェッショナル仕事の流儀「異端の文字街にあふれる」』で紹介されて話題となった書体。明治4年に発刊された、慶應義塾出版「手習の文」福澤諭吉編の「ふ」のデザインにインスピレーションを受けて、そこから50音にデザイン展開させた書体。文字の一部分を凝縮させ、かつその反対側に大きく広がりを持たせたデザインは、ダイナミックな躍動感と生き生きとした表情が醸し出され、見る人間の心を掴む印象的なデザインの書体。


筑紫Bオールド明朝

f:id:mojiru:20180724083208j:plain

© Fontworks Inc. All Rights Reserved.

「筑紫Bオールド明朝」は、筑紫Aオールド明朝の漢字に、古風でかつ新しいスタイルの「かな」を装備した書体。金属活字初期明朝仮名に見られる和様的なスタイルの面影を残し、現代に新鮮に映るよう一文字一文字丹念に字形を作り上げられた。文字それぞれにスタイリングとポーズを感じさせる情景が描き出されている。柔らかで美しく響きも良い筑紫Aオールド明朝より激しい肉声的濃さを表現することができる。見出しはもちろん特別なページの本文使用にもオススメ。今回、筑紫Bオールド明朝は、L/M/D/B/Eの各5ウエイトが追加され、すでに提供されているウエイトRと併せて、それぞれ6ウエイトにファミリー化した。


筑紫Cオールド明朝

f:id:mojiru:20180724083212j:plain

© Fontworks Inc. All Rights Reserved.

「筑紫Cオールド明朝」は、2012年にリリースした「筑紫Aオールド明朝」と「筑紫Bオールド明朝」に続く新しい筑紫オールド明朝。筑紫Bオールド明朝仮名とは異なる、クラシカルで斬新な運筆を意識した書体で、平仮名片仮名ともに、ふところや字形を丸く表現させ、エレメントは鋭く運筆はゆったりめになっている。テキストの表現にコクや味わいが濃く加わる書体。筑紫Cオールド明朝は、L/M/D/B/Eの各5ウエイトが追加され、すでに提供されているウエイトRと併せて、それぞれ6ウエイトにファミリー化した。

 


筑紫明朝

f:id:mojiru:20180724083905j:plain

© Fontworks Inc. All Rights Reserved.

「筑紫明朝」は、本格的な長文本文用明朝体として、活字、写植時代の本質を踏襲し、明朝体とはどうあるべきかを最大限に考慮した書体。オフセット印刷においても活字のようなインクの溜まりが見えてくるような独特な雰囲気を持っている。ふところの広い漢字・仮名の明朝体とは一線を画し、文字そのものが内在する空間の強弱と線質が持つ伸びやかさを残しており、文字を組んだとき、リズミカルな心地よい可読性を醸し出せる。筑紫明朝は、ウエイトB/E/Hの文字セットが拡張され、Pr6が加わる。


「LETS」2018年8月7日追加30書体

▼提供書体:30書体

筑紫Aヴィンテージ明朝L-R [Pro]

筑紫Aヴィンテージ明朝S-R [Pro]

筑紫Bヴィンテージ明朝L-R [Pro]

筑紫Bヴィンテージ明朝S-R [Pro]

筑紫Bオールド明朝-L/M/D/B/E [Pr6 / Pr6N]

筑紫Cオールド明朝-L/M/D/B/E [Pr6 / Pr6N]

筑紫明朝-B/E/H [Pr6 / Pr6N]

 

▼フォントフォーマット

Mac:OpenTypeフォント

Windows:OpenTypeフォント / TrueTypeフォント

 

年間定額制フォントサービス「LETS」

f:id:mojiru:20180724085421j:plain

2002年フォントワークスが日本で初めて開始した年間定額制フォントサービス。フラグシップの「筑紫書体」シリーズをはじめとする高品位でバラエティに富んだ和文フォントと、欧文、繁体字/簡体字、ハングルの豊富なラインナップ、明確で安心な使用許諾範囲など、現代のニーズに応えたサービス展開によって、印刷・出版はもとより、映画、放送などにおける映像制作、電子書籍やゲーム、アプリなどデジタル分野でも広く使われている。

「フォントワークスLETS 1年コース (1台パック)」Amazonからの契約はこちら 
フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

 

「LETS」は、高品位でバラエティ豊かなフォントがすべて使用できる年間定額制フォントサービス。
多彩なラインナップ!提供フォントの異なるそれぞれの「LETS」には、スタンダードなものからキャッチーなデザインまで幅広く揃っている。

▼定額で使い放題
現在提供中のフォントだけでなく、新たにリリースされるフォントも、ずっとこの金額で使用できる。

▼安心の使用許諾
コンテンツの多面的な展開が増え、

商用フォントの活用フィールドが広がりを見せるなか、許諾内容を明確に公開している。

▼すぐに使える
使いたいフォントがすぐに手に入る。「LETS」はオンラインで契約手続きが簡単。 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー