mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

情報通信技術解説!Q&Aで読み解く情報通信技術の進化

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20191126080904j:plain

情報通信技術を学べる「Q&Aで読み解く情報通信技術の進化」

インプレスグループで理工学分野の専門書出版事業を手掛ける近代科学社は、2019年11月22日に、近代科学社が著者とプロジェクト方式で協業する、デジタルを駆使したオンデマンド型の出版レーベルである近代科学社Digitalレーベルより、三宅真氏による著書「Q&Aで読み解く情報通信技術の進化」)を発売した。

 

三宅真Profile

1975年:神戸大学工学部電子工学科修士課程修了
1975年:三菱電機(株)入社、無線通信技術の研究開発・研究管理に従事
1990年:大阪大学工学博士
現在:(株)エムテック特任調査役、獨協大学経済学部非常勤講師、IEEEフェロー、電子情報通信学会会員、日本物理学会会員

著書:『実戦 誤り訂正技術』(共著、第6章「ビタビ復号」執筆、井上 徹 監修)、トリケップス、1993
『移動通信ハンドブック』(第3章「信号伝送技術」分担執筆、齊藤忠夫・立川敬二 編)、オーム社、1995
『改訂 電子情報通信用語辞典』(分担執筆、電子情報通信学会 編)、コロナ社、1999
『情報通信活用辞典―情報デジタル化のための通信・コンピュータ・放送の融合&合体』(第5編 第6章02「衛星搭載機器技術」、03「地上局技術」分担執筆、情報通信活用事典編集委員会 編)、産業調査会事典出版センター、2000

「Q&Aで読み解く情報通信技術の進化」内容紹介

「Q&Aで読み解く情報通信技術の進化」は、これから情報通信技術を学ぼうとしている読者や、手早く全体像を知りたいと考えている読者のための概説書。情報通信技術の進化を追いながら、主要なポイントをすべてQ&A方式で学ぶことができ、数式は極力使用せず、平易な説明を心がけられている。情報通信システム、情報通信ネットワーク、情報通信機器、情報通信技術がどのように働いているのか(How)に加えて、それらが何を目指して(What)、なぜ発明されたのか(Why)についても、丁寧に解説した一冊になっている。

 

 


「Q&Aで読み解く情報通信技術の進化」目次

第1章 情報通信前史
1.1 情報通信の始まりとは?
1.2 電気通信の始まりとは?
1.3 無線通信と放送の始まりとは?
1.4 新しいディジタル通信の始まりとは?

第2章 情報通信の信号と電波
2.1 信号の周波数とは?
2.2 電波とは?

第3章 情報通信システムの信号伝送
3.1 信号伝送の仕組みとは?
3.2 PCMの信号伝送とは?

第4章 光ファイバ通信とインターネット
4.1 光ファイバ通信とは?
4.2 パケット通信とは?
4.3 インターネットとは?

第5章 携帯電話システム
5.1 携帯電話システムの進化とは?
5.2 携帯電話の通信の仕組みとは?

第6章 情報理論と符号化技術
6.1 情報理論とは?
6.2 高効率伝送の符号化技術とは?
6.3 高品質伝送の符号化技術とは?

第7章 暗号と情報セキュリティ
7.1 暗号通信とは?
7.2 情報セキュリティとは?

第8章 ソサエティ5.0の情報通信
8.1 サイバーフィジカルシステムとは?
8.2 5Gとは?
8.3 量子情報通信とは?
8.4 AIとは?

付録
A.衛星の軌道
B.対数
C.エントロピー符号化
D.物理学のエントロピー
E.情報の推定
F.誤り訂正符号化技術
G.光量子仮説

「Q&Aで読み解く情報通信技術の進化」Amazonでの購入はこちら
Q&Aで読み解く情報通信技術の進化 (近代科学社Digital)

Q&Aで読み解く情報通信技術の進化 (近代科学社Digital)

 

 

「Q&Aで読み解く情報通信技術の進化」楽天市場での購入はこちら※電子書籍版です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Q&Aで読み解く情報通信技術の進化【電子書籍】[ 三宅 真 ]
価格:2288円 (2019/11/26時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー