mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

未来IT図解のアフターコロナを勝ち抜くDX戦略書

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200616160241j:plain

未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション

インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がけるエムディエヌコーポレーションは、内山悟志氏著書による、DXの基本と考え方、実際の進め方や問題点を整理してわかりやすく説く、すべてのビジネスパーソンが読むべきDXの新しい入門書「未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション」を発売した。


デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた企業の対応の重要性は以前から指摘されていたが、「我々の業界はデジタルには縁遠い」「これまでも成功してきたので、まだ大丈夫」という姿勢の企業も少なくない。2018年に経済産業省が「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」を発表したことで、多くの企業の経営者が危機感を強め、取組みが本格化したといえる。
しかしDXへの取組みにおいて、日本は他の国・地域から水をあけられているといわざるを得ない。米国ではデジタルネイティブ企業が、これまでと異なるビジネスモデルで新しい競争原理をつくりだしている。また、デジタル化と経済成長が同時進行している中国やアジア諸国などは、デジタルを前提として社会システムが成り立っているといっても過言ではない。

 

日本の企業は昭和の高度成長期の常識や資産を捨て去ったり、大きく転換したりすることなく平成の30年間を過ごしてしまったために、俊敏性が求められるデジタルの世界で、大きな荷物を背負ったままで戦っていかなければならない。さらにコロナ・ショックにより、日本企業のDXへの遅れが露呈した。これからもデジタルの波は止まることなく、ますます強く押し寄せてくることは確実。今後は業種、企業規模の大小、企業内の職種、役職を問わず、すべての人がDXを自分事として向き合わなければならない。

「未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション」は、アナリストとして国内外の取組みを調査分析し、コンサルティングの現場では数々の失敗や停滞に直面しながらDXの推進を支援してきた著者が、DXの基本と考え方、実際の進め方や問題点を整理してわかりやすく説く、すべてのビジネスパーソンが読むべきDXの新しい入門書となる。

 

f:id:mojiru:20200616160331j:plain

f:id:mojiru:20200616160334j:plain

f:id:mojiru:20200616160338j:plain

f:id:mojiru:20200616160343j:plain

f:id:mojiru:20200616160346j:plain



内山悟志Profile●株式会社アイ・ティ・アール会長/エグゼクティブ・アナリスト。大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパン(現ガートナー ジャパン)でIT分野のシニア・アナリストとして国内外の主要IT企業の戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立、代表取締役に就任し、プリンシパル・アナリストとして活動を続け、2019年2月より現職。企業のIT 戦略およびデジタルトランスフォーメーションの推進のためのアドバイスやコンサルティングを提供している。10年以上主宰する企業内イノベーションリーダーの育成を目指した「内山塾」は600名以上を輩出。ZDNet Japanにて「デジタルジャーニーの歩き方」を連載中。


「未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション」の内容

■PART1 そもそもDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?
■PART2 DXの実践に向けた取組みとは?
■PART3 DXで求められる企業内変革とは?
■PART4 DXをどのように進めるか?
■PART5 DXで変わる これからの社会・企業・ビジネスとは?

 


「未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション」Amazonでの購入はこちら
未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション

未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション

  • 作者:内⼭ 悟志
  • 発売日: 2020/06/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 


「未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未来IT図解 これからのDX
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/16時点)

楽天で購入

 

「未来IT図解 これからのキャッシュレス決済ビジネス」紹介記事

www.mojiru.com

「未来IT図解 これからのキャッシュレス決済ビジネス」Amazonでの購入はこちら
未来IT図解 これからのキャッシュレス決済ビジネス

未来IT図解 これからのキャッシュレス決済ビジネス

 

 

 


「未来IT図解 これからのキャッシュレス決済ビジネス」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからのキャッシュレス決済ビジネス 未来IT図解 [ 山口耕平 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/12/27時点)

楽天で購入

 

 

「未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス」紹介記事

www.mojiru.com

「未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス」Amazonでの購入はこちら
未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス

未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス

  • 作者: 南野充則
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2019/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
「未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからのディープラーニングビジネス 未来IT図解 [ 南野充則 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)

楽天で購入

 

 

未来IT図解 これからのAIビジネス

f:id:mojiru:20190627082434j:plain

谷田部卓氏著書「未来IT図解 これからのAIビジネス」はエムディエヌコーポレーションから2018年10月30日に発売。

f:id:mojiru:20190627082515j:plain

f:id:mojiru:20190627082520j:plain

f:id:mojiru:20190627082532j:plain

f:id:mojiru:20190627082540j:plain

f:id:mojiru:20190627082547j:plain

f:id:mojiru:20190627082552j:plain

「未来IT図解 これからのAIビジネス」Amazonでの購入はこちら
未来IT図解 これからのAIビジネス

未来IT図解 これからのAIビジネス

  • 作者: 谷田部卓
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

AIの基幹技術からビジネス活用、AIベンダーとの協業のポイントまで、ビジネスパーソンが知っておくべきポイントを総ざらい!

現在は第3次人工知能ブームと言われていますが、
これまでのブームとは違い、現実のビジネスにも利用できるようになってきています。
そして、今から本格的なAIビジネスが始まろうとしています。

ところが日本企業の大半は、AIビジネスの特性を知らず、その方法論も確立できていません。
このため、従来からあるソフトウェアを利用したビジネスと同様な取り組みをしてしまい、失敗が多発しているのが実情です。

このような行き詰まりを避けるには、実際にAIにはなにができるのか、
その開発にはどのような準備が必要になるのかといった実務面をきちんと踏まえておく必要があります。

本書では、ディープラーニングやニューラルネットワークといった
現在のAIブームを支える基本的な技術やビジネス活用の最新情報に加え、
AIの開発工程の実際、PoC(実証実験)の課題、クライアントとベンダーの役割分担なども
図をふんだんに用いてわかりやすく解説しています。
さらに近未来の産業像を描いたSociety 5.0や求められる人材像なども詳しく紹介しました。

「AIには何ができて何ができないの?」
「自分のビジネスに活用するにはどうすればいい?」
「AI時代になると自分の仕事はどう変わる?」

こんな疑問を解消し、本気でAI時代に備えたいビジネスパーソンに必須のナレッジを凝縮した一冊です。

〈本書の内容〉
PART1 人工知能とは何か
PART2 AIビジネスの登場
PART3 AI活用の時代
PART4 AI活用の時代
PART5 変容する社会における企業の姿 

「未来IT図解 これからのAIビジネス」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからのAIビジネス (未来IT図解) [ 谷田部卓 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)

楽天で購入

 

 

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

f:id:mojiru:20190627083216j:plain

森川夢佑斗氏著書による「未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス」はエムディエヌコーポレーションから2018年10月30日に発売された。

f:id:mojiru:20190627083228j:plain

f:id:mojiru:20190627083236j:plain

f:id:mojiru:20190627083241j:plain

f:id:mojiru:20190627083700j:plain

f:id:mojiru:20190627083250j:plain

f:id:mojiru:20190627083345j:plain

f:id:mojiru:20190627083351j:plain

f:id:mojiru:20190627083355j:plain

f:id:mojiru:20190627083400j:plain

f:id:mojiru:20190627083411j:plain

「未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス」Amazonでの購入はこちら
未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

  • 作者: 森川夢佑斗
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

すべてのビジネスパーソン、必読!

考え方と仕組み、基幹技術とその進化、ビジネス活用分野、もたらされる未来までを総ざらい!

「ブロックチェーン」という言葉を聞いたことがない方はいないと思います。ところが「ブロックチェーンとはどういった技術ですか?」という問いに、スパッと答えられる方は少ないかもしれません。なぜなら、ブロックチェーン技術には以下の3つの困った点があるからです。

第1に、ブロックチェーンは技術革新がめざましく、状況が目まぐるしく変化してきたという点です。ビットコインとともにブロックチェーン技術が誕生してからたった10年の間に、この技術は試行錯誤をくり返し、多種多様で複雑な技術体系となりつつあります。

第2に、目に見えるモノや実際に使えるサービスとしての体感が欠けている点です。実態として実用に耐えうるレベルに近づいたのはここ数年のことであるにもかかわらず、投機の対象として黎明期から人々の期待を集め取引がくり返されてきたことで、本来あるべきはずの「技術に触れる体験」がごっそり抜け落ちています。

第3に、ブロックチェーン技術全般を視覚的に表現することが難しい点です。ブロックチェーンは暗号技術と経済モデルを組み合わせた仕組みのため、数式や文章で表現することはできてもビジュアルイメージに落とし込むことは困難です。また、ありとあらゆる業界のさまざまなプレイヤーを巻き込んでいくブロックチェーンのエコシステムは、どうしても複雑になってしまいがちです。

本書では、この3つのポイントに注力してみなさんと「ブロックチェーンの直感的イメージ」を共有していきたいと思います。PART1で技術全体の進化と変遷をたどりながら、PART2で具体的な事例をもとに、金融業界、不動産業界、動産業界、製造・小売・物流業界、メディア・広告業界、音楽・コンテンツ業界、娯楽・ゲーム業界、医療・福祉業界、人材採用業界、エネルギー業界、官公庁、気象・環境業界、シェアリング業界、派遣業界でのユースケースを解説し、PART3ではAIや生体認証、VR、ドローン、IoTなどの新しい技術を絡めながら、ブロックチェーンで変化する個人の行動や組織、経済圏、価値観、社会と人々の関係性など、今後の未来を予測していきます。全編を通じてモデル図を多用することで、ブロックチェーンを用いたビジネスモデルを可視化していきます。

近い未来にはほぼすべての業界とかかわりを持つことになるであろう「ブロックチェーン」の、その「本当のところ」を掴んでください。

〈本書のおもな内容〉
■PART1 ブロックチェーンと仮想通貨の今
■PART2 応用されるブロックチェーン
■PART3 ブロックチェーンがもたらす未来

「未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからのブロックチェーンビジネス (未来IT図解) [ 森川夢佑斗 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)

楽天で購入

 

 

未来IT図解 これからのIoTビジネス

f:id:mojiru:20190627084235j:plain

IoT産業技術研究会著書、株式会社デリバリーコンサルティング監修による「未来IT図解 これからのIoTビジネス」はエムディエヌコーポレーションから2018年10月30日に発売。

f:id:mojiru:20190627084252j:plain

f:id:mojiru:20190627084257j:plain

f:id:mojiru:20190627084305j:plain

f:id:mojiru:20190627084310j:plain

f:id:mojiru:20190627084317j:plain

f:id:mojiru:20190627084328j:plain

f:id:mojiru:20190627084335j:plain

f:id:mojiru:20190627084359j:plain

f:id:mojiru:20190627084403j:plain

「未来IT図解 これからのIoTビジネス」Amazonでの購入はこちら
未来IT図解 これからのIoTビジネス

未来IT図解 これからのIoTビジネス

  • 作者: IoT産業技術研究会,株式会社デリバリーコンサルティング
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

IoTの基幹技術から日常生活とビジネスの将来像まで、ビジネスパーソンが知っておくべきポイントを総ざらい!

IoTは「モノのインターネット」と呼ばれる技術です。
テレビやエアコン、時計など、身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながることで、
モノを遠隔から操作したり、モノのリアルタイムの状態を確認できたり、
人間が介在せずともモノ同士が相互に制御したりできるようになります。

このIoTは、コストダウンや業務の効率化とスピードアップに大きく寄与することから実証実験も進み、
現在では実用段階に至っている製品やサービスも多く出始めてきています。

本書ではいよいよ本格的に始まったIoT時代を勝ち抜くために、
ビジネスパーソンとして知っておきたい基本的な技術と各領域で見込まれている実際のビジネス活用例を、
図をふんだんに用いてわかりやすく解説しています。

さらに、これからのビジネスの方針を先取りするインダストリー4.0や
Connected Industriesといった未来の産業像も詳しく紹介しました。

「さまざまな機器がインターネットに繋がると何が変わるの?」
「IoTが社会にもたらすインパクトはどのようなものなの?」
「IoTが自分のビジネスにどのようなメリットをもたらすの?」

こんな疑問を解消し、これからIoTに取り組む方にまず押さえておいてほしいナレッジを凝縮した一冊です。

〈本書の内容〉
PART1 IoTの基礎知識
PART2 IoTを支えるしくみと技術
PART3 日常生活がこう変わる!
PART4 農業・漁業・製造業がこう変わる!
PART5 流通・サービス業がこう変わる!
PART6 インフラ・金融業がこう変わる!
PART7 医療・介護産業がこう変わる!
PART8 IoT社会のこれから

「未来IT図解 これからのIoTビジネス」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからのIoTビジネス (未来IT図解) [ IoT産業技術研究会 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー