mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

テレビ朝日・山口豊著書「再エネ大国 日本」への挑戦

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200214082010j:plain

「再エネ大国 日本」への挑戦

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける山と溪谷社は、テレビ朝日のアナウンサーである山口豊氏の初の著書となるSDGs時代の環境問題最前線『「再エネ大国 日本」への挑戦』を発売した。
『「再エネ大国 日本」への挑戦』は、テレビ朝日「スーパーJチャンネル(土曜)」(毎週土曜 午後5時30分~)、 そしてBS朝日「日曜スクープ」(毎週日曜 午後6時54分~)のメインキャスターをつとめる山口豊氏が、番組で放送してきた「再生可能エネルギー」の現場を自ら取材して書き下ろした一冊。
現在、日本では人口減少と経済の停滞が大きな問題となっている。日本の人口は2053年には1億人を下回るとされ、超高齢化、年金問題、そして地方消滅が現実になりつつありますが、その一方で、若い世代が増え、経済的・精神的な豊かさを実現しながら、地球温暖化対策にも貢献している地域があり、福島県・土湯温泉、岐阜県・石徹白集落、岡山県・西粟倉村、岡山県・真庭市、沖縄県・宮古島などが該当する。この注目すべき地域の共通点は、太陽や水力、地熱といった再生可能エネルギーを有効活用し、そこで得た利益を地元に還元している点。その結果、地場産業が元気になるだけでなく、自然が再生し、さらに新しい産業が立ち上がることで雇用を生み、若い世代を引きつける源泉となっている。『「再エネ大国 日本」への挑戦』ではその背景を詳しく伝えている。
このような各地の取り組みは、経産省資源エネルギー庁や環境省が推進する「分散型・循環型社会」の先進事例であり、このような取り組みが進めば日本のエネルギー供給図を塗り替える可能性がある。火力発電のために購入している石油など化石燃料の輸入代金19兆円が、主に地方を中心に日本の電力需要の1.8倍のポテンシャルがある「再生可能エネルギー」(ソーラー、地熱、水力、風力などの発電)に振り向けられたとき、日本国内のエネルギーとお金の好循環に大きく貢献するからである。

こうした日本復興・再生へのシナリオは、『里山資本主義』の著者、藻谷浩介氏、ドイツの再エネ事情に詳しい、立命館大学教授のラウパッハ・スミヤ ヨーク博士との対談の中でも検証され、人口問題、経済問題、環境問題を一気に解決する可能性を示している点も、『「再エネ大国 日本」への挑戦』の注目すべき主張の一つ。

 

f:id:mojiru:20200214082025j:plain

 


〇太陽光パネルなど無償設置 宮古島の取り組みを表彰

これからは電力の「地産地消」が評価される時代。1月29日には、沖縄県宮古島市の取り組みが「新エネ大賞」の最高賞・経済産業大臣賞に選ばれた。行政と民間が連携して市営住宅40棟に太陽光パネルとエコ給湯器120台を無償で設置し、発電した電気は一括管理。住民に安く販売するなどして島内で消費しています。原発の再稼働が進まず、電力を火力発電に頼るなか、再生可能エネルギーによる電力の地産地消に注目が集まっている。この取り組みについても、『「再エネ大国 日本」への挑戦』で取り上げている。

▼宮古島のソーラーとエコキュートを設置した市営住宅は、再エネの取り組みが高く評価された(写真提供=パナソニック)

f:id:mojiru:20200214082032j:plain


〇温暖化の危機への対策につながる再エネ

『「再エネ大国 日本」への挑戦』では、2年連続して続いた温暖化による台風被害にも注目し、専門家の厳しい見通しとともに、再エネがその対策として有力である点にも注目。ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんのスピーチと共に、日本が潜在的な「再生可能エネルギー大国」であることを数々の証言と共に伝えている。

 

 

山口豊Profile

f:id:mojiru:20200214082028j:plain

テレビ朝日「スーパーJチャンネル(土曜)」メインキャスター、BS朝日「日曜スクープ」メインキャスター、「ザ・スクープSPECIAL」では鳥越俊太郎に次ぐナビゲーターを務める。「報道ステーション」で10年にわたり、災害現場や温暖化問題の取材を続け、局で一番フットワークの軽い報道アナウンサーとして日本全国はもちろん、世界の自然災害の最前線まで様々な現場を取材してきた。1967年生まれ、さいたま市出身。


『「再エネ大国 日本」への挑戦』目次

序章 再生可能エネルギーと共生する持続可能な新しい社会
第1章 温泉エネルギー・地熱バイナリー発電でV字回復?福島県・土湯温泉
第2章 豊かな水の小水力発電で若い世代が移住してくる村へ?岐阜県・石徹白集落
第3章 若い移住者による起業で15億円の経済効果! 奇跡の村?岡山県・西粟倉村
第4章 捨てられていた木が莫大なお金に!「真庭システム」の挑戦?岡山県・真庭市
第5章 太陽光の集中管理、電気自動車の大量導入でエネルギー自給率50%へ?沖縄県・宮古島
第6章 災害にも強い分散型エネルギー 地場産の天然ガス事業?千葉県・睦沢町
第7章 再エネ大国へ、識者からの提言
 【提言①】藻谷浩介(地域エコノミスト)
 【提言②】ラウパッハ・スミヤ ヨーク教授(立命館大学)
 【提言③】高薮出研究総務官(気象庁気象研究所)+中北英一教授(京都大学防災研究所)
第8章 再生可能エネルギー大国日本の未来


『「再エネ大国 日本」への挑戦』Amazonでの購入はこちら
「再エネ大国 日本」への挑戦 (SDGs時代の環境問題最前線)

「再エネ大国 日本」への挑戦 (SDGs時代の環境問題最前線)

 

 


『「再エネ大国 日本」への挑戦』楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「再エネ大国 日本」への挑戦
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/14時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー