mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

メディアリテラシー教育の導入教材にも適した絵本

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200709104956j:plain

スマホをひろったにわとりは

 マイクロマガジン社は7月17日に、豪州大人気作家であるニック・ブランド氏著書でいしだみき氏翻訳による、この夏絶対読んでほしい、親子でSNSの便利と危険を考える絵本「スマホをひろったにわとりは」を発売する。

数々の受賞履歴のある豪州の大人気絵本作家、ニック・ブランド氏の問題作がついに邦訳された。年々増加するSNS犯罪から子どもを守るために読んでほしい、ちょっとおかしなおとぎ話となる。

スマートフォンやインターネットの使い方などの、メディアリテラシー教育の導入教材としても活用できる。

 

ニック・ブランドProfile●1973年オーストラリアビクトリア州ヤラ・バレー生まれ。
書店で働き始めたことをきっかけに絵本作家をめざし、2005年にデビュー。
文を担当した『だいすきだっこ』 (岩崎書店)で2012年オーストラリア児童図書賞受賞。『ぺっこぺこヒグマ』(クレヨンハウス)で2013年Australian Book Industry Award(ABIA)受賞。

 

いしだみきProfile●1970年神奈川県生まれ。大学で国文学を学ぶかたわら、趣味でイギリス文学をはじめとした翻訳を始める。
卒業後、出版社勤務。児童書や海外絵本の編集職を経て、翻訳業に。


「スマホをひろったにわとりは」内容

とても友達思いなにわとりが、ある日、不思議な光る箱をみつける。
そこには親切そうな動物からのメッセージが次から次へと届く。
まあ! すてき!
にわとりは自分の理解者に会えるに違いないと、その箱にどんどんのめり込んでいく。
ついに、メッセージを送ってくる友達と会うことになったが…

f:id:mojiru:20200709105105j:plain

f:id:mojiru:20200709105109j:plain

f:id:mojiru:20200709105113j:plain

f:id:mojiru:20200709105117j:plain



「スマホをひろったにわとりは」Amazonでの購入はこちら
スマホをひろったにわとりは

スマホをひろったにわとりは

 

 

 


「スマホをひろったにわとりは」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマホをひろったにわとりは [ ニック・ブランド ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/7/9時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー