mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

きのこライターによる毒きのこスーパーコラム・ブック

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20191017082037j:plain

毒きのこに生まれてきたあたしのこと。

インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する天夢人は2019年10月15日に、日本でただ一人のきのこライター堀博美氏による、恐ろしくも心を惹きつける毒きのこのスーパーコラム・ブック「毒きのこに生まれてきたあたしのこと。」発売した。
日本でただ一人のきのこライター・堀博美氏による、まるまる一冊毒きのこスーパーコラム・ブック「毒きのこに生まれてきたあたしのこと。」では、主な毒きのこの紹介を中心に、歴史のなかの毒きのこや、文学・マンガ作品のなかで描かれた毒きのこなど、恐ろしくも人の心を惹きつける毒きのこの魔力を、縦横に語りつくされる。毒きのこ本ではあるが、毒きのこ被害防止を祈念して、発売は「きのこの日」である10月15日となっている。また、カバーは、カリスマ的人気のあるヒグチユウコ氏の作品で装われ、表紙や本文プロローグ、エピローグなども「毒・どく」をこめた、ユニークなデザインとなっている。

f:id:mojiru:20191017082157j:plain

f:id:mojiru:20191017082109j:plain

f:id:mojiru:20191017082132j:plain

f:id:mojiru:20191017082121j:plain

f:id:mojiru:20191017082150j:plain

f:id:mojiru:20191017082057j:plain

堀博美Profile●1971年、神戸市生まれ。大学生のころ、長野でベニテングタケに出会って魅せられる。しだいにきのこ全般に興味を持ちはじめ、きのこのミニコミ誌を作っていたところ、日本キノコ協会「MOOKきのこ」副編集長に抜擢。廃刊後、商業誌の編集者の方々との出会いがきっかけで、フリーのきのこライターとなる。雑誌、フリーペーパー、電子出版などのさまざまな媒体に執筆。
著書に『きのこる キノコLOVE111』、『ときめくきのこ図鑑』〈写真=桝井 亮〉、ヤマケイ新書『ベニテングタケの話』(いずれも山と溪谷社)、『珍菌 まかふしぎなきのこたち』〈絵=城戸みゆき〉(光文社)などがある。

毒きのこに生まれてきたあたしのこと。[もくじ]

第1章 毒きのこの怖さ
第2章 毒きのことは何か(カエンタケ/コレラタケ/シャグマアミガサタケ/シロタマゴテングタケ/タマゴテングタケ/ドクツルタケ/ニセクロハツ/ヒダハタケ/ミカワクロアミアシイグチ/カブラアセタケ/キララタケ/ヒトヨタケ/ホテイシメジ/イボテングタケ/テングタケ/ヒカゲシビレタケ/ヒナノヒガサ/ベニテングタケ/ワライタケ/アイカワタケ/イッポンシメジ/ウスタケ/オオコゲチャイグチ/オオシロカラカサタケ/オオワライタケ/カキシメジ/ガンタケ/キイボカサタケ/クサウラベニタケ/シロオニタケ/セイタカイグチ/ツキヨタケ/ドクベニタケ/ドクヤマドリ/ニガクリタケ/ニセショウロの仲間/ホウキタケの仲間/マツオウジ/ムレオオイチョウタケ/ドクササコ/カワラタケ/スギヒラタケ/ヒメクチキタンポタケ/モエギアミアシイグチ)
第3章 食用きのこの毒
第4章 毒きのこの地域性
第5章 歴史のなかの毒きのこ
第6章 文学・マンガのなかの毒きのこ

「毒きのこに生まれてきたあたしのこと。」Amazonでの購入はこちら


「毒きのこに生まれてきたあたしのこと。」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毒きのこに生まれてきたあたしのこと。[本/雑誌] / 堀博美/著
価格:1650円(税込、送料別) (2019/10/17時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー