mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

聞きまつがいの危機を回避するプロジェクト!

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20180315095839j:plain

Talking Aid Project

言いたいことも言えないこんな世の中が「POIZON」。言おうとしたことと違ったことを言ってしまうのが「言いまつがい」。そして聞き取りにくい「聞きまつがい」をなくしていくのが「Talking Aid Project」だ。この活動で志村けん扮する「ひとみばあさん」にも言葉が聞き取りやすい「あんだってー?」と言わない社会が訪れそうだ。

 2017年3月3日の「耳の日」に難聴の人が聞き取りやすい言葉に満ちた「言葉のバリアフリー」社会を目指してパナソニック株式会社が開始したのが「Talking Aid Project」。

「Talking Aid Project」は、高性能補聴器を提供しているパナソニック補聴器株式会社と協力して推進する、話し手に着目し、難聴の人にも聞き取りやすい言葉や話し方を広める活動。

 

聞き間違えない国語辞典

活動の一環で、株式会社三省堂と聞き間違えやすい言葉の言い換えや発音のコツを掲載した無料のデジタル辞書『聞き間違えない国語辞典』を共同開発した。

『聞き間違えない国語辞典』には、聞き間違えの頻度の高さを判定するAIプログラム「Talking Aid AI」によって抽出された言葉がおよそ150万組収録している。

聞き間違えやすい言葉の言い換え、また言い換えが難しい場合の話し方のコツなどを提案してくれ、同時に聞き間違えやすい言葉を「見える化」する独自フォントも開発した。

「聞きまつがい」の次は、是非とも、「書きまつがい」を自動修正してくれるAIがも開発してほしい。 

▼ 「Talking Aid Project」独自フォント

複数の音の組み合わせをどちらとも読めるフォントで「見える化」し、聞こえの問題を視覚的に理解できるようにした。このフォントを通じ「聞こえの問題」と「話し方」に新しいイノベーションを起こしていく。 

▼『聞き間違えない国語辞典』

三省堂の「スーパー大辞林3.0」の総項目のうち約25万語から、聞き間違えやすい言葉の言い換えや発音のコツを集めた無料のデジタル辞書。

 

▼外部参照リンク パナソニック「Talking Aid Project」

news.panasonic.com

 

▼外部参照リンク 「聞き間違えない国語辞典」

kikikoku.jp

 

▼ききまつがいが起こりやすい言葉をmojiru風に「見える化」してみた。

f:id:mojiru:20170303134028p:plain

▼言いまつがい (新潮文庫) 

言いまつがい (新潮文庫)

言いまつがい (新潮文庫)

 

言っている本人は、大マジメ。本気、本腰、ときに本音。だから、腹の底までとことん笑える。「壁の上塗り」「まことしなやかに」「理路騒然」「ざっくらばん」。彼や彼女や先生や社長は、何を言いたかったのか。間違いだなんて、カタいことを言って責めてはいけない。ここは気楽に「まつがい」と呼ぶべし。正しい日本語の反面教師。笑って、教えられる日本語の常識、非常識が満載です。 

▼金の言いまつがい (新潮文庫)

金の言いまつがい (新潮文庫)

金の言いまつがい (新潮文庫)

 

「言い間違い」ではないのだ。あくまで「言いまつがい」。正しいかどうかなんて、この際、どうでもいいのだ。面白いかどうかがいちばん大事。「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載から選りすぐった、全700本。※本書は、単独でもお買い求めいただけますが、『銀の言いまつがい』と合わせて購入されると、性格が柔らかくなる、識見が高まるなど、人生に素晴らしい効果があらわれます。

▼銀の言いまつがい (ほぼ日ブックス) 

銀の言いまつがい (ほぼ日ブックス)

銀の言いまつがい (ほぼ日ブックス)

  • 作者: ほぼ日刊イトイ新聞,祖父江慎,しりあがり寿
  • 出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所
  • 発売日: 2006/11/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 17回
  • この商品を含むブログ (44件) を見る
 

あれから約3年‥‥。
全国の読者の横隔膜と出版業界を震撼させた伝説の愉快本、
「言いまつがい」の新刊がついにリリース!
しかも、まさかの2冊同時発売!
装丁はもちろん、祖父江慎(コズフィッシュ)!
挿絵はとうぜん、しりあがり寿!
連載1000回を数えようかという、
「ほぼ日」名物の長寿コーナーから厳選に厳選を重ねた爆笑ネタを
1冊につき700個、これでもかこれでもかと詰め込みました!
編集しているスタッフも深夜に笑いが止まらなくなるクオリティー!
自信を持っていえます。そうとう、おもしろいです。いや、ほんと。
内容はもちろんですが、前作同様、装丁もかなり「まつがって」ます。
いま、印刷所のおじさんたちが頭を抱えてるところです。
つまり、内容・装丁ともに保証付きの1冊! いや、2冊!
「発売日に間に合うかな?」ということ以外はまったく不安がない!
否が応でも笑いが止まらない本を、あなたに! 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー