mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

アメリの監督の反戦ファンタジー/ミックマック

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190216075608j:plain

ミックマック

[オススメ度]

★★★★☆

 

レンタルビデオ店で働くバジルは、仕事中、発砲事件に巻き込まれ、頭にピストルの弾丸を受けてしまう。

 なんとか、一命は取り留めたものの、取り除くのが難しく、頭には弾丸が残ったまま。

さらに不幸は続き、入院中に、仕事も家も失ってしまう。

仕方なくバジルは、最強伝説黒沢風にいえばロジョー、日本の放送禁止用語でいえばルンペンという生活を始める。

そんなある日、路上生活を続けるバジルを見かねたガラクタ修理屋は、自分が住んでいるゴミ捨て場の中にある屋敷へと案内する。

そこには、ガラクタ修理屋だけでなく、冷蔵庫に入ることのできる軟体女、計算の天才・計算機、人間大砲、ことわざオタクの元民俗歴史学者、ガラクタを用いた発明家など、ちょっと風変わな人たちが暮らしていた。

彼らと一緒に暮らし始めたバジルだったが、自分の頭に残った銃弾を造っている武器会社を発見。

その向かい側には、かつて、西サハラでバジルの父親の命を奪った地雷を製造した会社まで見つけるという、その日、盆と正月が一緒にやってきたのかという程の大当たりぶりを披露。

見つけてしまったもんはしょうがねぇ、おまえら、絶対、許さん!と、バジルは、仲間たちと、この2つの会社をこらしめる作戦を発動する。

軍事産業国家として有名なフランスで、風刺とユーモアたっぷりに反武器社会を掲げて描かれた、アメリでお馴染みのジャン=ピエール・ジュネ監督による痛快傑作映画に仕上がった。

「ミックマック [Blu-ray]」Amazonでの購入はこちら
ミックマック [Blu-ray]

ミックマック [Blu-ray]

 

『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督最新作。バジルと仲間たちが仕掛ける”幸せなイタズラ(ミックマック)”

★『アメリ』で世界を魅了した鬼才、ジャン=ピエール・ジュネ監督による待望の最新作!長編初監督作『デリカテッセン』で一躍注目を浴び、その後『エイリアン4』の監督に抜擢されるなどハリウッド進出も果たしたジュネ監督の5年ぶりの長編映画がBDで登場!

★ファンタジックでシュールな世界観、ノスタルジックな独特の色彩感覚、愛すべき変わり者たち・・・ジュネ・ワールドの魅力が満載!

★世界が平和でありますように。脱・戦争を、笑いとファンタジーに包んで訴える!

★手作り装置を駆使したイタズラと、仲間たちの助け合い。現代のおとぎ話さながらの、心温まるハッピー・ムービー!

【キャスト】
・ニコラ=ティボー・ド・フヌイエ(オーベルヴィリエ軍事会社):アンドレ・デュソリエ
・フランソワ・マルコーニ(ヴィジランテ兵器会社):ニコラ・マリエ
・プラカール<ギロチン男>:ジャン=ピエール・マリエル
・タンブイユ<料理番>:ヨランド・モロー
・ラ・モーム・カウチュ<軟体女>:ジュリー・フェリエ

【スタッフ】
・監督:ジャン=ピエール・ジュネ 『デリカテッセン』(91)、『ロスト・チルドレン』(95)、『エイリアン4』(97)、『アメリ』(01)、『ロング・エンゲージメント』(04)
・製作:フレデリック・ブリヨン、ジル・ルグラン、ジャン=ピエール・ジュネ
・脚本:ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン

【映像特典】*映像特典はSD画質です
・メイキング(45分以上)
・アニメーション・メイキング
・オリジナル予告編
・日本版予告編

*特典内容・仕様などは変更する可能性もございます。ご了承下さい。

2009 (C) EPITHETE FILMS ? TAPIOCA FILMS ? WARNER BROS. PICTURES ? FRANCE 2 CINEMA - FRANCE 3 CINEMA

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー