mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

トリエ京王調布の韓国料理「妻家房」

【スポンサーリンク】


トリエ京王調布の韓国料理「妻家房」

妻家房

映画のまち・調布に誕生したトリエ京王調布の五味五色、薬食同源の考えに基づいた、華やかでいてヘルシーな本物の韓国料理を味わえるレストラン「妻家房」に行ってみた。

 

「美食同源」をテーマに人気のチヂミやトッポギも並ぶ前菜ビュッフェも充実の韓国料理

古くから韓国では、嫁ぐことが決まった花嫁の家に、花婿が訪ねてくることが一番大切なセレモニーとされてきた。その日は最高の材料を用いてその家に伝わっている秘伝の味を披露し、花婿を歓待するのが習わしとなっている。そして大切に育てた自分の娘に対する愛情を花婿に伝え、新しい家での心暖かいもてなしと、健康を祈願する。妻家房ではそのセレモニーのメニューのような愛情から生まれてきた秘伝の味を、最高の素材で日本の皆様に味わっていただきたいと考えている。韓国秘伝の味を気軽に楽しめるのがコンセプト。

ビュッフェ90分食べ放題付き

韓国家庭料理のSAIKABOが提案する前菜ビュッフェスタイル‘パプサン’。‘パプサン’と言うことばには、日本の一汁三菜のようにバランスの良い食事をしていただきたいという思いが込められており、からだにやさしく、女性に人気の韓国料理をお気軽にごゆっくり堪能できる。

 

トリエ京王調布の韓国料理「妻家房」

ビュッフェにはトッポギやチヂミ、大根のキムチ、もやしナムル、サラダなどがあり、90分食べ放題となっていた。作りたてのチヂミが美味かった、縮み上がらなかかったが…。

 

チーズダッカルビ

トリエ京王調布の韓国料理「妻家房」

サムギョプサル 

トリエ京王調布の韓国料理「妻家房」

トリエ京王調布の韓国料理「妻家房」

 ビュッフェのほか、ライスとわかめスープも付く。

トリエ京王調布の韓国料理「妻家房」

「妻家房」トリエ京王調布店への行き方

〒182-0024 東京都調布市布田4-4-22 トリエA館5F
京王線調布駅から徒歩3分

トリエ京王調布

京王線・京王相模原線調布駅直結のショッピングセンター「トリエ京王調布」は、映画館「 イオンシネマ シアタス調布」、家電量販店「ビックカメラ」をはじめ、ファッション・レストラン ・カフェなどからなる商業施設。

 

▼「妻家房」の秘密のたれで韓国ごはん

「妻家房」の秘密のたれで韓国ごはん

「妻家房」の秘密のたれで韓国ごはん

 

人気の韓国レストラン「妻家房」のおいしさの秘密はたれにあり! コチュジャン、テンジャン(みそ)、しょうゆ(カンジャン)と3つのジャンをベースに、9つのたれを紹介。誰でも本格的な韓国ごはんが簡単に作れます。

出版社からのコメント
韓国料理は食べなれてはいるものの、いざ自分で作るとなると、味が決まらず、満足できませんでした。そこで誰でも簡単に韓国料理が作れるようにと、「妻家房」のオーナーである柳香姫さんに、おいしい9つのたれの配合を披露していただきました。「妻家房」のたれがあれば、迷うことなく、味つけが決まり、失敗がありません。何より本当においしいのです。まずはそのままの配合でたれを作ってみてください。私のお気に入りは焼肉のたれと、酢が程よく効いたチョコチュジャンです。作りおきを冷蔵しては、頻繁に韓国料理を楽しんでいます。

 柳香姫
韓国・大邱出身。1985年に来日。友人たちにふるまった家庭料理が注目され、1992年、夫・呉永錫氏とともに韓国レストラン「妻家房」を四谷3丁目にオープン。現在「妻家房」は日本と韓国にレストラン25店舗を持ち、百貨店内のショップも17店舗展開している。来日後に、宮廷料理の人間国宝・黄慧性さんに師事した経験も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

 

▼遊び尽くし 妻家房の韓国家庭料理 (Cooking & homemade―遊び尽くし)  

遊び尽くし 妻家房の韓国家庭料理 (Cooking & homemade―遊び尽くし)

遊び尽くし 妻家房の韓国家庭料理 (Cooking & homemade―遊び尽くし)

 

韓国の家庭料理はキムチと焼き肉だけではない! ヘルシーで多彩、そしてたくさんの知恵の詰まった韓国のオモニ(お母さん)の味を紹介。ナムルやサラダ、キムチ、ジョンなどのレシピを写真満載で掲載する。(「MARC」データベースより) 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー