mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

モリサワが欧文と多言語の開発体制を強化を目的に欧文フォントのデザインの拠点をアメリカに開設!新ゴやリュウミン、A1明朝に合う欧文書体が今後開発か?

【スポンサーリンク】


株式会社モリサワは、欧文書体開発の新たな拠点として米国に「Morisawa Providence Drawing Office(モリサワ・プロビデンス・ドローイング・オフィス)」を開設したことを2017年9月15日に発表した。

今回の米国での新たな拠点開設は、近年、書体を企業ブランディングに活用するケースの多い海外を中心とした多言語開発の需要が高まりと日本国内における自社のブランディング強化や海外進出を視野に入れて欧文書体を使用する場面が増えている事を受けての事。新たに開設する「Morisawa Providence Drawing Office」には、クリエイティブディレクターにFont Bureau社で長年デザイナーを務めたサイラス・ハイスミス氏を迎えて、モリサワが保有する和文書体との調和を考慮した欧文書体や次世代のメディアを見据えた書体開発を計画しているようで、この計画によりモリサワの代表的な書体である新ゴやリュウミン、A1明朝などに合う欧文、多言語書体が今後、生まれていくはずだ。

またクリエイティブディレクターに就任するサイラス・ハイスミス氏は次のように述べている。

「これまでのタイプデザイナーとしてのキャリアを通して、私が追い求めてきたものは『白』と『黒』の間に起こる相互作用です。この度のモリサワとの協働で、このこだわりをさらに推進する機会を得ました。既にモリサワのデザイナーとのコラボレーションは始まっていて、欧文書体の制作やドローイングに対して新たな発見がありました。これから私は、Morisawa Providence Drawing Officeにて、志の高い同僚とともに書体開発を行っていきます。」

また同氏が師事した書体デザイナーのマシュー・カーター氏は次のように述べている。

「モリサワにサイラスを紹介したのは、彼をモリサワ タイプデザインコンペティションの審査員として推薦した5年前のことです。モリサワの欧文書体ライブラリ拡充のためにサイラスをメンバーとして迎え入れ、プロビデンスにデザインオフィスを開設したことを喜ばしく感じています。すべての関係者にとって良い結果になることでしょうし、広い意味で欧文書体のデザインにも良い影響をもたらすことでしょう。彼がMorisawa Providence Drawing Officeのスタッフとともに創りあげる新書体をみる日を心待ちにしています。」

米国でのMorisawa Providence Drawing Officeの開設により、多言語フォントの自社開発に加え、現地事情に精通したデザイナーとともにスピーディかつ高品位な書体開発を行っていく。

フォントワークスと世界最大のフォントベンダー、モノタイプが連携を強化していく中でモリサワは欧文、多言語の自社開発という道を選んだようだ。インバウンド、そして東京五輪需要を制するのはどちらだろうか注目したい。

 

▼名称

Morisawa Providence Drawing Office(モリサワ・プロビデンス・ドローイング・オフィス)

▼所在地
204 Westminster St, 3rd Flr, Providence, RI 02903 USA

 

サイラス・ハイスミス / Cyrus Highsmith

f:id:mojiru:20170919081839j:plain

Profile●書体デザイナーとして活動する他、教師、著者、グラフィックアーティストとしても活動中。何十ものオリジナル書体を開発し、長年に渡り、Font Bureau社にてシニアデザイナーとして従事している。またロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(RISD)でタイポグラフィーを教える。世界各国で高く評価され翻訳されている「Inside Paragraphs: Typographic Fundamentals」の著者であり、イラストも手がけた。2015年には、タイプデザイン、タイポグラフィーそしてその教育における多大な貢献に対してGerrit Noordzij賞を受賞。同年書体開発を行うOccupant Fontsと氏のイラストレーターとしての活動を担うOccupant PressからなるOccupant LLC.を設立した。

 

モリサワ関連製品情報は下記に記載。

▼MORISAWA PASSPORT ONE

MORISAWA PASSPORT ONE

MORISAWA PASSPORT ONE

 

モリサワのすべてのフォントに、ヒラギノフォント、タイプバンクフォント、昭和書体フォントの日本語フォントや、欧文フォント、中国語フォント、韓国語フォント、多言語フォントなどを加えた全1000書体以上が、どれでも選べて好きなだけ使えるライセンス製品。
常に最新で快適なフォント環境を、追加料金なしで提供。またMORISAWA PASSPORT ONEの特徴として事前の手続きなど一切なしに手元に届き次第すぐにご利用できる。

 

▼MORISAWA PASSPORT更新専用パック

MORISAWA PASSPORT更新専用パック

MORISAWA PASSPORT更新専用パック

 

MORISAWA PASSPORT更新専用パック(PC1台/1年間)は、MORISAWA PASSPORT / MORISAWA PASSPORT ONEで契約の更新に必要な書類手続きが一切なく、簡単に素早く契約の更新ができるパッケージ。PC1台のみ更新したい、認証登録が済んでいる、インターネット環境がある、複数台契約や複数年契約による価格、業界別ライセンスプランを希望しないユーザーにオススメ。 

 

モリサワパスポート以外の製品では MORISAWA Font Select Packもある。

MORISAWA Font Select Pack 1

MORISAWA Font Select Pack 1

 

Select Packは、豊富なモリサワフォントの中からライセンス数に応じて使いたい書体が自由にセレクトできるパッケージ。

 

モリサワパスポート愛用者ならモリサワがリリースしたアプリ「文字の手帖01」も有用。

 

f:id:mojiru:20170928134933p:plain

モリサワ アプリ「文字の手帖01」

下記からアプリのダウンロードができる。

 
文字の手帖01 - Morisawa Inc.

 

f:id:mojiru:20170928134119j:plain

f:id:mojiru:20170928134122j:plain

f:id:mojiru:20170928134125j:plain

f:id:mojiru:20170928134128j:plain

 

f:id:mojiru:20170928134130j:plain

 

デジタルフォントの開発・販売をしているモリサワがリリースした書体関連アプリ。「文字の手帖01」は、デザインをお仕事とされている方はもちろん、文字に興味がある人、グラフィックやデザインを勉強する方々、書体にこだわりたい人など、色々な人に使って欲しいアプリケーションになっており、アプリには以下のコンテンツが収録されている。

▼書体見本帳

400を超えるモリサワ書体見本をiPhone上で確認できる。

▼Morisawa Font Dictionary

フォントに関する用語をわかりやすくまとめた辞書。

▼文字あわせ

書体を使った神経衰弱のミニゲーム。

 

▼アプリのダウントードはこちら

 
文字の手帖01 - Morisawa Inc.

 

また+DESIGNING VOLUME 44 (マイナビムック)でも、モリサワフォント2017年新書体を紹介している。+DESIGNING VOLUME 44には特別冊子「MORISAWA PASSPORT2017メディア別・書体サンプル帖」が特典として付録化されている。

+DESIGNING VOLUME 44 (マイナビムック)

+DESIGNING VOLUME 44 (マイナビムック)

 

 

▼「MORISAWA PASSPORT2017メディア別・書体サンプル帖」

f:id:mojiru:20171002081815j:plain

MORISAWA PASSPORT2017メディア別・書体サンプル帖

雑誌・フリーペーパー、報告書・レポート、ビジネスドキュメント、プレゼンテーション、書籍、書籍カバー、カタログ、チラシ、パンフレット、フライヤー、ポスター、名刺、ショップカード・DM、挨拶状、サイン・案内板、Web、映像・テロップ、多言語併記といったデザイン例をメディア別にまとめられている。
こちらの書体サンプル帖にてPICK UPとしてA1ゴシックや秀英にじみ明朝、みちくさなど2017年新書体も紹介されている。

+DESIGNING VOLUME 44 (マイナビムック)

+DESIGNING VOLUME 44 (マイナビムック)

 
©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー