mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

書けそうで書けない本格的ヘタウマ書体・バサころ書体

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20171212135505j:plain

画像は昭和書体Webサイトより転載

バサころ書体

株式会社昭和書体は筆文字フォント「バサころ書体」を発売した。

「バサころ書体」はかすれのあるゴロっとした筆文字で温かみや親しみやすさを感じられる書けそうで書けない本格的なヘタウマな書体で、昭和書体では居酒屋のメニューや和風デザインの商品名、手書き風の年賀状作成などに推奨している。

f:id:mojiru:20171212133927j:plain

画像は昭和書体Webサイトより転載

f:id:mojiru:20171212135509j:plain

画像は昭和書体Webサイトより転載


バサころ書体のデザインを手掛けたのは、筆文字で各種ロゴや看板、名刺、企業とのコラボによる制作など様々な書体の書き分けを得意とし、2013年からフリーのデザイン書道家として活動している女流書家「恵彩院 花梢」。

書体の価格はパッケージ版は21,600円(税込)でダウンロード版が10,778円(税込)。パッケージ版、ダウンロード版ともにWindows TrueTypeFont(WinTTF)、OpenTypeFont(OTF)を同時収録している。

収録文字数は6,135文字(カタカナ、ひらがな、英数字、記号類、第一水準、第二水準)。

なお、同社はすべてのフォントが25%引きとなる「2018年年末年始キャンペーン」を2018年1月15日まで実施する。

▼「バサころ書体」の購入はこちら

「バサころ」(フォント)|毛筆フォント|フリーフォントダウンロード

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー