mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

美味過ぎハンバーガー!ブラザーズ(BROZERS`)

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20180502151222j:plain

ハンバーガー専門店ブラザーズ(BROZERS`)

2000年7月に日本橋人形町に創業された大人気ハンバーガー専門店「ブラザーズ(BROZERS`)」。
「ブラザーズ(BROZERS)」の代表取締役である北浦明雄氏はオーストラリア・シドニーで修行。全35種類のハンバーガーと看板メニューであるロットバーガーは、オーストラリアのアーチーズ直伝のハンバーガーを日本人向けにアレンジしたバーガーになっている。

店内だけでなく、持ち帰りやデリバリーにも対応している。

現在までに2回訪問しているが、割と分かりずらい場所ながらも2回とも行列が出来ていた。 

ブラザーズ(BROZERS`)のメニュー

f:id:mojiru:20180502151158j:plain

f:id:mojiru:20180502151208j:plain

f:id:mojiru:20180502151231j:plain

 

注文のハンバーガーにはオニオンリングとフライドポテト、ピクルスが付く

f:id:mojiru:20180502151338j:plain

f:id:mojiru:20180502151329j:plain

f:id:mojiru:20180502151347j:plain

f:id:mojiru:20180502151408j:plain

f:id:mojiru:20180502151414j:plain

f:id:mojiru:20180502151250j:plain

BROZERS'のハンバーガーにはフライドポテトとオニオンリング、ピクルスが付いていく。またすべてのハンバーガーにトマト、レタス、オニオン、マヨネーズが入っている。レタスもシャキシャキで美味い。

 

アボガドチーズバーガー 

f:id:mojiru:20180502151321j:plain

f:id:mojiru:20180502151424j:plain

アボガドチーズバーガーは1,450円。今までで人生で食べてきたハンバーガーの中でも最高ランクで美味かった。

 

ベーコンエッグチーズバーガー

f:id:mojiru:20180502151430j:plain

 

f:id:mojiru:20180502151436j:plain

f:id:mojiru:20180502151444j:plain

f:id:mojiru:20180502151450j:plain

f:id:mojiru:20180502151456j:plain

f:id:mojiru:20180502151502j:plain

絶品すぎたアボガドチーズバーガーですっかり俄かファンと化した私はすぐさま二回目の来店を果たした。

今回もアボガドチーズバーガーにするか迷ったが、しまじろう的こどもチャレンジ精神を持つ私はまだ見ぬ味「ベーコンチーズエッグバーガー」をチョイスした。

一番人気らしいロットバーガーは、このベーコンチーズエッグに更にパイナップルが入るようだが、パイナップルには惹かれず、むしろチリビーンズバーガーとベーコンチーズエッグバーガーがせめぎ合っていた。次回はチリビーンズバーガーにするか究極的に美味かったアボガドチーズバーガーにするか迷うところだ。

ベーコンエッグチーズバーガーは1,550円。

ブラザーズ(BROZERS`)の店内

f:id:mojiru:20180502151240j:plain

 

ハンバーガー専門店ブラザーズ(BROZERS`)人形町店への行き方

f:id:mojiru:20180502151148j:plain

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 2-28-5
東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅A3出口徒歩3分
都営新宿線浜町駅A2出口徒歩5分
東京メトロ半蔵門線水天宮前駅7番出口徒歩7分
JR総武線馬喰町駅徒歩10分

  

希代の美食家・海原雄山はその昔、ハンバーガーを食べてこう言いました「見ろ!!手が汚れてしまった!!」「中川!!二度とこんな物を私の食卓に出すなっ!!」、そんなモンスタークレイマー客にも配慮!

銀座で会員制超高級料亭「美食倶楽部」を主宰する希代の美食家であり、陶芸・書・絵画に秀でた100年に一人出るか出ないかと言われる天才芸術家であるが単なるモンスタークレイマー客でもある海原雄山でも手を汚さずに食べられるようにハンバーガーは、専用のハンバーガーを包める紙に包みこんで食べるといった、お客様目線を追求した配慮あふれる食べ方ができる。

とにかく具材がボリューム過ぎるので、この包みがないとむしろハンバーガーは崩壊すると思われる。

海原雄山ミーツハンバーガー、あふれ出す肉汁と名言!「ハンバーガーの要素」

美味しんぼ9巻、文庫版6巻、アニメ版25話の「ハンバーガーの要素」では、「見ろ!!手が汚れてしまった!!」「中川!!二度とこんな物を私の食卓に出すなっ!!」以外にもハンバーガーを食べて 「味覚音痴のアメリカ人の食べるあの忌まわしいハンバーガーを!!」「全く…アメリカ人好みのあさましい食い物だ…」といった名言も残している。

ハンバーガーの要素「前編・後編」は美味しんぼ9巻に収録/Amazonでの購入はこちら 
美味しんぼ(9) (ビッグコミックス)

美味しんぼ(9) (ビッグコミックス)

 

第1話/ハンバーガーの要素・前編、後編

第2話/食べない理由・前編、後編(フアッテューチョン)

第3話/再会の丼(牛丼)

第4話/黒い刺身(カワハギの肝)

第5話/5年目のパスタ(マカロニ)

第6話/日米味合戦(化学調味料)

第7話/最高の肉(サーロインステーキ)

第8話/新妻の手料理(うずめめし)

登場人物
山岡士郎(東西新聞文化部員・膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)。栗田ゆう子(東西新聞文化部員・山岡とともに「究極のメニュー」を担当する)。海原雄山(名だたる陶芸家にして、食の探究者。「美食倶楽部」主宰。山岡の実父)

あらすじ
才能あふれる料理人・宇田が美食倶楽部を辞めたいと言い出した。より大勢の人を喜ばせるために、ハンバーガーショップを始めたいというのだ。最高の牛肉を手に入れ、いよいよ開店の日、海原雄山が宇田の店にやってきた。宇田のハンバーガーを一口食べた雄山は「こんなものは売り物にならん!」と一喝。一般の客たちも見向きもしない。山岡には、その理由が判っていた…(第1話)。

東京のデパートの経営者は2か月に一度、親睦の意味で食事会を開いている。だが、そのメンバーの一人、東起デパートの稲森社長は、どんな料理を出されても、食通ぶるばかりで一口も食べようとしない。板山会長にその話を聞き、興味を持った山岡は稲森社長を訪ねる(第2話)。

本巻の特徴/日本料理の基本となる味「旨味」。この味覚に関しては、実は日本人が最も鈍感になってしまっている。その理由は「化学調味料」の氾濫にあった…。現代日本人にとって非常にショッキングなテーマを提示したのが第6話。“社会派コミック”といわれる本作品の面目躍如だ。

その他の登場キャラクター
中松警部(第1話)、周懐徳(第2話)、快楽亭ブラック(第3、6話)、辰さん(第5話)、ジェフ・ラーソン(第6話)、ニューギンザデパート会長・板山秀司(第2、6話)
その他DATA
表紙写真~牛丼、つけもの〔調理/麻布・酒飯包正〕 

 

ハンバーガーの要素「前編・後編」は美味しんぼ9巻に収録/楽天市場(※中古)での購入はこちら 

中古です。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】花咲 アキラ 美味しんぼ 第9巻
価格:162円(税込、送料別) (2018/5/2時点)


 

 

文庫版では6巻に収録「美味しんぼ (6) (小学館文庫) 」Amazonでの購入はこちら 
美味しんぼ (6) (小学館文庫)

美味しんぼ (6) (小学館文庫)

 

第1話/SALT PEANUTS(前編)(後編)

第2話/愛の納豆▼第3話/鮎のふるさと

第4話/スープと麺(前編)(中編)(後編)

第5話/二代目の腕▼第6話/ハンバーガーの要素(前編)(後編)

第7話/食べない理由(前編)(後編)

第8話/再会の丼

第9話/黒い刺し身
主な登場人物/山岡士郎(27歳。東西新聞文化部員。膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)、栗田ゆう子(22歳。東西新聞文化部員。山岡と共に「究極のメニュー」を担当する)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父)

あらすじ
ゆう子たちを連れて、学生の頃によく行った渋谷のジャズ喫茶「SALT PEANUTS」を久しぶりに訪れた山岡。おつまみに出てくるお手製のソルトピーナツは、昔と変わらず絶品だった。だが、マスターは、これまでに集めた貴重なレコードの数々を山岡たちに譲るという。客がすっかり減ってしまったため、店を辞めようと思っていたのだった…(第1話)。

本巻の特徴
中国料理店のメニューの中で、冷やし中華は“邪道”なのか!? この問題に取り組んだ「スープと麺」。あふれる才能を持ちながら美食倶楽部を辞め、ハンバーガーショップを開こうという料理人・宇田の話「ハンバーガーの要素」。日本へやって来た中国残留孤児が、幼い頃に食べた刺し身の記憶をきっかけに肉親と再会する感動編「黒い刺し身」。この他、納豆、鮎の天ぷら、中国に伝わる高級なスープ・仏跳牆(フアッテューチョン)、牛丼などをテーマにした全9話を収録。食べ物や料理の知識が得られると同時に、人間ドラマも楽しめる文庫版第6集。初出は1986~87年。

その他の登場人物
大原大蔵(東西新聞社社主)、谷村秀夫(東西新聞社文化部部長)、中松警部(銀座署の鬼警部。山岡たちの友人) 

文庫版では6巻に収録「美味しんぼ (6) (小学館文庫) 」楽天市場での購入はこちら  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美味しんぼ(6) (小学館文庫) [ 雁屋哲 ]
価格:627円(税込、送料無料) (2018/5/2時点)


 

 

「美味しんぼアニメ版」はAmazonプライムビデオでも見れる! 

美味しんぼのアニメ版では25話「ハンバーガーの要素」として放送。Amazonプライムビデオでも海原雄山の雄姿が拝める。

究極のメニュー

究極のメニュー

 

25. ハンバーガーの要素
美食倶楽部の宇田は優秀な料理人。”多くの人に美味しい物を”とハンバーガー屋転向を決意し雄山の逆鱗に触れる。最高の材料を使った物を、と意気込む宇田だが作ってみると何かおかしい!?(C)雁屋哲・花咲アキラ・小学館/シンエイ動画 

 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー