mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

劇場で2回観たのはタイムリープしたわけじゃなく良い映画だったからだ

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20180327152108j:plain

アバウト・タイム~愛おしい時間について~ 

[オススメ度]

★★★★★

 

昨年、キムタクがSMAP解散の歴史を回避しようとタイムリープを繰り返していると話題になっていたが、結果、この世界線ではSMAPは解散し、大晦日は紅白に出ることもなく木村拓哉を除く4人で会食しているという結末に。タイムリープものに傑作が多いが、この映画もその1つ。劇場で2回観たのはタイムリープしたわけじゃなく、良い映画だったからだ。

▼「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」Amazonビデオでの視聴はこちら 

人生の宝物は生きてきた日々そのもの!
なにげない一日が、かけがえのない時間だったと気づくー。
イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ、風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。
そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちは代々タイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになる。
やがてティムは弁護士を目指してロンドンへ移り住み、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに。ティムは巧妙なタイムトラベルを重ねた末、ようやくメアリーの愛を勝ち取ることに成功する。
その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、特殊能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、人生最大の選択を迫られるのだった…。

楽曲も素晴らしいため、サントラも良曲ぞろいで、特にハウ・ロング・ウィル・アイ・ラヴ・ユーが特に良かった。

▼「「アバウト・タイム 愛おしい時間について」オリジナル・サウンドトラック Limited Edition」Amazonでの購入はこちら 

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」オリジナル・サウンドトラック

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,エリー・ゴールディング,アンディ・ハミル,ティム・ヘルニマン,ユルゲン・クルーゼ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

1. ザ・ラッキエスト (アバウト・タイム・ヴァージョン)
2. ミッド・エア
3. ハウ・ロング・ウィル・アイ・ラヴ・ユー
4. ハウ・ロング・ウィル・アイ・ラヴ・ユー
5. 鏡の中の鏡
6. イル・モンド
7. プッシュ・ザ・ボタン
8. ゴールボーン・ロード
9. ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ
10. オール・ザ・シングス・シー・セッド
11. フライデイ・アイム・イン・ラヴ
12. アット・ザ・リヴァー
13. ゴールド・イン・ゼム・ヒルズ
14. バック・トゥ・ブラック
15. イントゥ・マイ・アームズ(我が腕の中へ)
16. アバウト・タイム・テーマ
『ラブ・アクチュアリー』(2003)で長編映画監督デビューを果たしたリチャード・カーティスの監督作品。なんでもない毎日をいかに充実して生きていくかという、人間にとって最も大きなテーマのひとつを扱った感動作。時代を代表するヒット曲がコンパイル。 (C)RS

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー