mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

むしろアメイジングな作品に仕上がった「スパイダーマン:ホームカミング」

スポンサーリンク

 f:id:mojiru:20170821084750j:image

スパイダーマン:ホームカミング

[オススメ度]
★★★★☆

[スタッフキャスト]
監督:ジェームズ・ガン
脚本:ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー、ジョン・ワッツ、クリストファー・フォード、クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ

[出演]
トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、ドナルド・グローヴァー、タイン・デイリー、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr

[上映時間]
133分

 

自分としては、かなりお気に入りのシリーズだった「アメイジング・スパイダーマン」シリーズが打ち切られてしまったのはショックだが、スパイダーマンの若返りといった点、『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとの合流といった点で今作の「スパイダーマン:ホームカミング」は成功していると感じられる、むしろ青春ドラマ全開なアメイジングなスパイダーマンになっていた。

仕切り直されたトム・ホランド演じる新スパイダーマンは、「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観としてクロスオーバー作品で展開される『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品として制作・再始動となり、2016年公開作品『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にトニー・スターク(アイアンマン)に見出された新ヒーローとして先行出演されていたが、晴れて第1作が公開となった。

ホームカミングは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の後から始まるストーリーになっており、アベンジャーズ分裂後からなる時間軸となっている。

そのためスパイダーマンのルーツである、クモに噛まれる場面やベンおじさんの死といった出来事は描かれないが、スパイダーマンを導く存在としてトニー・スタークが出演している。またトニー・スタークの運転手でピーターのお目付け役としてハッピー・ホーガンやペッパー・ポッツがアイアン3以来の出演を果たしている。

またスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)も少し変わった形で出演していたのも見所になっている。

その他にもバットマンやバードマンでお馴染みのマイケル・キートンが翼を持つヴィラン・バルチャーを演じているのも興味深い。

『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズで毎回、カメオ出演しているお馴染みの原作者スタン・リーが今回もカメオ出演している。

スパイダーマン:ホームカミングは、師という存在でアイアンマンが登場しているものの、宇宙人襲来による地球滅亡の危機といったヴィランとの壮絶な戦いを描いた作品ではなく、「あなたの親愛なる隣人、スパイダーマン」というキャッチフレーズがよく似合う高校生ピーター・パーカーがアベンジャーズ入りを目指し、ヒーロー活動と恋や学園生活との両立に四苦八苦しながらも奮闘し、成長していくコメディ色の強い青春ドラマになっており、肩に力を入れずに見れる楽しい作品だった。

エンディングの後に1度シーンが入る後さらにエンドロール後、もう1シーンが入るので最後まで席を御立ちにならないことをオススメ。
 

▼スパイダーマン:ホームカミング関連

トミカ マーベルチューン Mov.1.0 アドトラック スパイダーマン ホームカミング

トミカ マーベルチューン Mov.1.0 アドトラック スパイダーマン ホームカミング

 
「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック

「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック

 
スパイダーマン ホームカミング:プレリュード (ShoPro Books)

スパイダーマン ホームカミング:プレリュード (ShoPro Books)

  • 作者: ウィル・コロナ・ピルグリム,トッド・ナウック他,光岡三ツ子
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー