mojiru

mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

ダイナコムウェア公式サイトで小宮山博史「活字の玉手箱」が連載開始

スポンサーリンク

f:id:mojiru:20170720102029j:plain

ダイナコムウェア公式サイトのダイナフォントストーリーで2017年7月20日(木)より書体史研究者であり書体デザインの第一人者である佐藤タイポグラフィ研究所代表・小宮山博史氏によるコラム・小宮山博史「活字の玉手箱」の連載が開始された。

第一回では活字の歴史が誕生から語られている。 

▼記事はこちら

www.dynacw.co.jp

▼小宮山博史

Profile●国学院大学文学部卒業後、佐藤タイポグラフィ研究所に入所。佐藤敬之輔の助手として書体史、書体デザインの基礎を学ぶ。佐藤没後、同研究所を引き継ぎ書体デザイン・活字書体史研究・レタリングデザイン教育を三つの柱として活躍。書体設計ではリョービ印刷機販売の写植書体、文字フォント開発・普及センターの平成明朝体、中華民国国立自然科学博物館中国科学庁の表示用特太平体明朝体、大日本スクリーン製造の「日本の活字書体名作精選」、韓国のサムスン電子フォントプロジェクトなどがある。武蔵野美術大学、桑沢デザイン研究所で教鞭をとり、現在は阿佐ヶ谷美術専門学校の非常勤講師。印刷史研究会会員。佐藤タイポグラフィ研究所代表。著書に《本と活字の歴史事典》、《明朝体活字字形一覧》、《日本語活字ものがたり─草創期の人と書体》などがある。

 

▼小宮山博史関連

日本語活字ものがたり―草創期の人と書体 (文字と組版ライブラリ)

日本語活字ものがたり―草創期の人と書体 (文字と組版ライブラリ)

 
真性活字中毒者読本―版面考証/活字書体史遊覧

真性活字中毒者読本―版面考証/活字書体史遊覧

 
© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー