mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

4K・8K・HDR、IoTの普及により、「組み込みフォント」の需要が拡大傾向

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20170615084956p:plain

組み込みフォント

2017年6月8日の日本経済新聞のサービス・ウォッチのコーナーにて「組み込みフォントの需要拡大」というタイトルで、フォントワークス、ダイナコムウェア、モリサワの3社の組み込みフォントが取り上げられた。

機器にフォントを組み込む「組み込みフォント」は、4K・8K・HDR「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」によるディスプレーの高精細化、そしてモノがインターネットにつながる「IoT」の普及を受けて需要が拡大している。

フォントワークスでは、カーナビやゲーム機用に高精細な画面で文字をなめらかに表示できるフォントのニーズが増加により、機器に組み込むフォントの販売額が2016年より2割増えた。また従来は製品単位で買い切りが多かったが、「近年は年間契約や製品の販売量に応じた出来高払いが増えている」とフォントワークス原田愛社長。

ダイナコムウェアでは、スピードメーターを含めた車載端末の採用が伸びており、「家電への液晶搭載もフォントの組み込みにつながる」と述べている。

モリサワでは、磁気共鳴画像装置(MRI)などのの医療機器に組み込むフォントの販売額が増えており、医療用VR端末に適したフォントの研究も進めているとのこと。また紙面ではモリサワのフォントを組み込んだ歌詞が表示されるスピーカー「Lyric speaker(リリック・スピーカー)」も掲載されていた。

f:id:mojiru:20170615084956p:plain

 

株式会社SCREENグラフィックソリューションズでも、「一般社団法人 電波産業会」が策定するARIB STD-B62規格に対応した4K・8K放送対応の「ヒラギノTVゴシック」6書体が発表されるなど、4K・8K・HDRによる需要を見込んだフォントは今後増えていくのかもしれない。

f:id:mojiru:20170427172507j:plain

4K・8Kテレビ

現在主流であるフルハイビジョンテレビは、横1920×縦1080ピクセルの画素数による画面で構成。
4Kテレビの場合、横3840×縦2160ピクセルになる。
8Kテレビの場合、縦7680×横4320ピクセルになる。
横3840だが、四捨五入でおよそ4000になるため、1000=1Kの4倍のため4Kと呼ばれており、横7680も同様に、四捨五入でおよそ8000になるため、1000=1Kの8倍のため8Kと呼ばれている。

 

HDR(High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)

映像に記録できる輝度のレンジを拡大する技術。HDR技術を使用する事で、光を記録する範囲を現在の100nitから最大で約100倍となる10000nitに拡大でき、その光を表示するディスプレーもHDRに対応することで現実さながらの光を再現できるようになる。

 

▼4K・HDRテレビ関連

シャープ 40V型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル LC-40U40

シャープ 40V型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル LC-40U40

 
HDR写真 魔法のかけ方レシピ ~撮ったあと生まれ変わる、写真のあたらしい楽しみ方

HDR写真 魔法のかけ方レシピ ~撮ったあと生まれ変わる、写真のあたらしい楽しみ方

 
HDR&ハイキー/ローキー 撮影・作成テクニック (玄光社MOOK)
 
パナソニック 43V型 4K 液晶テレビ HDR対応 VIERA 4K TH-43DX750

パナソニック 43V型 4K 液晶テレビ HDR対応 VIERA 4K TH-43DX750

 
Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/5年間フル保証) BDM4350UC/11

Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/5年間フル保証) BDM4350UC/11

 
DMM.make DISPLAY 50インチ 4Kディスプレイ DME-4K50D

DMM.make DISPLAY 50インチ 4Kディスプレイ DME-4K50D

 

 

IoT(Internet of things/モノのインターネット)

これまでPCやサーバー、プリンターといったIT関連機器に接続されていたインターネットが、それ以外の様々なモノに接続することを意味する。 

IoT使用例「アディダス マイコーチスマートボール」
アディダス micoach スマートボール

アディダス micoach スマートボール

 

内蔵された3軸加速度センサーによりキックスピード・回転数・回転方向・インパクト位置・飛行軌道 データを取得でき、専用アプリと連動させることで、自分のキックを可視化し、フリーキックスキルをデータ上から上達させるボール。

 

IoT使用例「Chipolo(チポロ)」

スマートフォンとBluetoothでペアリングすることで専用アプリから本体の通知音を鳴らしたり本体からスマートフォンの通知音を鳴らすことが可能。鍵や財布、ペットの首輪に装着すれば、地図上で追跡することも可能になる。

 

IoT使用例「Withings Body Cardio(ボディー・カーディオ)」
Withings スマート体重計 Body ホワイト Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】

Withings スマート体重計 Body ホワイト Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】

 

スマートフォンとBluetoothでペアリングし専用アプリで、体重計に乗るたびデータが同期されていく。体重、体脂肪、筋肉量、体水分量、骨量を計れ、健康維持に役立つ。目標体重を設定するとアプリで目標達成のためのアドバイスを見ることも可能。 

 

IoT使用例「Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック)」

スマートフォンで開錠できるスマートロックで家の鍵を使用せず玄関を開閉できる。LINEやFacebookなどのメッセージ機能を使用して家族や友人と時間を限定してスマートロックのシェアも可能。別売りのQrio Hubをセットで使用すれば、外出先からでも施錠、開錠することが可能になる。

 

▼関連記事

www.mojiru.com

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー