mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

背筋がゾッとするほどのホラー映画だった…「何者」

【スポンサーリンク】


 

f:id:mojiru:20171014135031j:plain

何者

[オススメ度]
★★★★☆

[スタッフ]
脚本・監督:三浦大輔

[出演]
佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之

[音楽]
中田ヤスタカ

[上映時間]
97分

 

「何者」は第148回直木三十五賞を受賞した朝井リョウ原作による小説を映画化した作品。
大学の演劇サークルに全力投球していた拓人に佐藤健、拓人がずっと前から片想いをしている瑞月に有村架純、瑞月の元カレで拓人とルームシェアをしている光太郎に菅田将暉、拓人たちの部屋の上に住んでおり瑞月の友達の理香に二階堂ふみ、就活はしないと宣言する理香と同棲中の隆良に岡田将生と今をときめく若手俳優陣5名を集めた就職活動をテーマにした青春グラフティかと思って鑑賞していたら、ぞっとする程のホラー映画だった…。
理香の部屋を「就活対策本部」と称して定期的に集まり情報交換などで協力し合う5人だが、それは表面上だけで、やがて、戦慄の心の闇が浮かび上がってしまう…。

鳥丸ギンジとは何者だったのか?

佐藤健の先輩役の山田孝之がさすがの存在感を見せているが、もう一人気になる存在が鳥丸ギンジ。主人公の拓人と共に演劇サークルで活動していた親友だが、劇中、ぼかした表現で登場され、誰が演じていたのか結局、分からず。ギンジのキャストは公式でも発表がなく、生田斗真、高橋一生、藤原季節、何者の主題歌を歌っている米津玄師などの噂が流れているが果たして正解は。

 

▼何者

何者 Blu-ray 豪華版

何者 Blu-ray 豪華版

 
何者 DVD 通常版

何者 DVD 通常版

 

ひとつの部屋に集まった5人の男女。大学の演劇サークルに全力投球していた拓人(佐藤 健)、拓人がずっと前から片想いをしている瑞月(有村架純)、瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている光太郎(菅田将暉)、拓人たちの部屋の上に住んでいる、瑞月の友達の理香(二階堂ふみ)、就活はしないと宣言する、理香と同棲中の隆良(岡田将生)。
理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まる5人。それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。「私、内定もらった…。」やがて「裏切り者」が現れたとき、これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていく。人として誰が一番価値があるのか?そして自分はいったい「何者」なのか?いま、彼らの青春が終わり、人生が始まる――。

 

▼ NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック) / 中田ヤスタカ

NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)

NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)

 

中田ヤスタカ×米津玄師 初コラボ!
映画『何者』の主題歌で米津玄師と初のコラボ楽曲を書き下ろし! 4年ぶりとなる劇中音楽も制作!中田ヤスタカが書き下ろした楽曲に、米津玄師が作詞・ゲストボーカルで参加。『何者』で描かれている若者たちの葛藤や世代観を射抜く、米津玄師による等身大な歌詞と、中田ヤスタカプロデュースによるダイナミックなダンストラックが魅せる究極の主題歌が完成!また、同作品の劇中音楽も中田ヤスタカが書き下ろし!劇中音楽を手掛けるのは、大ヒット作『LIAR GAME』以来4年ぶり。中田ヤスタカによるこれまでのプロデュース作品とは一線を画した、アカデミックなサウンドメイキングと、キャストの心情の機微に寄り添うメロディーラインが映画全編にわたり緻密に展開されていく。

 

NANIMONO (feat. 米津玄師) 中田ヤスタカ itunes版

f:id:mojiru:20171127135512j:plain

▼itunesでのダウンロードはこちら

 
NANIMONO (feat. 米津玄師) - 中田ヤスタカ

 

▼小説版:何者(新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

「あんた、本当は私のこと笑ってるんでしょ」就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺……自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。影を宿しながら光に向いて進む、就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、書下ろし長編小説。

朝井リョウ
1989年、岐阜県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞受賞。受賞作がベストセラーになり、現役大学生作家として注目される。男子チアリーディングチームを取材した書下ろし長編『チア男子!!』(第3回高校生が選ぶ天竜文学賞受賞)などの小説を在学中に刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

 

何者に連なる続編小説「何様」

 ▼「何者」の続編小説「何様」

何様

何様

 

主人公の親友である光太郎が、瑞月を振ってまで追い掛けていた女性とは?
付き合ってすぐに同棲を始めた理香と隆良のなれそめとは?
第1話と第2話は本編で触れられながらも語られなかった謎を解き明かす「前日譚」になっている。
第3話以降は、本編の「後日譚」となる時間軸も描かれており、表題作となる第6話は、入社1年目で人事部に異動となった男の物語になっている。
まだ「何者」でもない自分が、人を選び優劣をジャッジするだなんて「何様」か?その問いが自家中毒を起こしかけた先で、語られなかった言葉が語られる。その瞬間、これまで見えていた世界が、まるで違ったものとして立ち現れる。

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー