mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

「月影骨董鑑定帖」シリーズにダイナフォントの古籍黒檀が採用

【スポンサーリンク】


月影骨董鑑定帖

「月影骨董鑑定帖」シリーズ

「月影骨董鑑定帖シリーズ」は著者・谷崎泉、イラスト・宝井理人による東京都にある谷中、月影寺に建つ日本家屋に住む骨董鑑定に才を持つ白藤晴と居候の骨董オタク・宇多蒼一郎を主人公としたミステリー小説。

本筋はミステリー小説で、設定からして漂うBL臭は風味なのか、ガチ路線なのか。
それは読んでみないと分からないが、夜の公園に武術家二人なら勝負でしょうと言えるが、谷中の月影寺に建つ日本家屋に男二人なら腐っているでしょうとしか言えない。

現在、第3弾まで刊行されている。

 

ライト文芸系文庫レーベル「富士見L文庫」から出版されている「月影骨董鑑定帖シリーズ」のタイトルに「ダイナフォント 古籍黒檀」が採用されている。

 

古籍黒檀

f:id:mojiru:20170414130450p:plain

中国の古籍「范伯子集」の書帖をもとに開発された書体。「范伯子集」の文字は扁平な字形に重厚なストロークが特徴で、転折が力強く彫刻の質感のような雰囲気が溢れている。

 

f:id:mojiru:20170414130505p:plain

f:id:mojiru:20170414130520p:plain

 

▼月影骨董鑑定帖 (富士見L文庫) 

月影骨董鑑定帖 (富士見L文庫)

月影骨董鑑定帖 (富士見L文庫)

 

東京・谷中に佇む月影寺。その片隅に建つ古い日本家屋には二人の青年と二匹の猫が住んでいる。骨董鑑定の才があるものの、今は小間物を作って細々と生計を立てている家主の白藤晴と、居候の骨董オタク・宇多蒼一郎。そんな白藤家に、銀行員の梶という男が訪ねてきた。晴の亡くなった祖父に用事があるという梶は、どうやら骨董贋作にまつわるトラブルに巻き込まれている様子。過去の因縁から骨董を忌避する晴は、なんとか関わり合いにならぬようにしていたが、事態は殺人事件に発展し…!? (「BOOK」データベースより)

 

▼月影骨董鑑定帖 (2) (富士見L文庫)

月影骨董鑑定帖 (2) (富士見L文庫)

月影骨董鑑定帖 (2) (富士見L文庫)

 

東京・谷中にある月影寺の奥に居を構え、居候・宇多蒼一郎と二匹の猫とともに暮らす白藤晴。骨董に才がありつつも、過去の経緯から今は小間物作りで細々と生計を立てる晴だったが、作品を扱ってくれる雑貨屋の女性店員・真澄から、避けていた骨董品鑑定にまつわる相談事を持ちかけられてしまう。彼の作品に惚れ込んでくれる真澄の頼みを断ることができず、晴は渋々引き受けることになる。だが、骨董鑑定に訪ねた真澄の実家で、彼は身元不明の死体を発見してしまい…!?(「BOOK」データベースより) 

 

▼月影骨董鑑定帖 (3) (富士見L文庫)

月影骨董鑑定帖 (3) (富士見L文庫)

月影骨董鑑定帖 (3) (富士見L文庫)

 


東京谷中にある月影寺の奥に居を構え、居候・宇多蒼一郎と二匹の猫とともに暮らす白藤晴。小間物作りで細々と生計を立てる彼のもとに、大学時代の知人という美女が姿を現す。ワケありな過去を持つ彼女の登場に、晴の心は乱されていく…。そんな中、蒼一郎の姉の強引な「お願い」により、またしても骨董鑑定を引き受けることになる。だが、訪れた屋敷で、晴と蒼一郎はまたしても殺人事件に遭遇してしまう!しかも、屋敷に残されていた仏像は、晴の暗い過去に関係するいわくつきの品で―。「BOOK」データベースより)

谷崎泉
愛知県名古屋市出身。小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

 

古籍黒檀収録フォントパッケージ製品は下記に記載。

▼DynaFont 古籍五書体 TrueType Hybrid 

DynaFont 古籍五書体 TrueType Hybrid

DynaFont 古籍五書体 TrueType Hybrid

 

DynaFont古籍書体シリーズとは、台湾の「故宮博物院」に収録された古籍と復刻版の古籍の出版品から「元豊類稿」「唐百家詩選」「天工開物」「四庫全書」「范伯子集」の五冊に書かれた文字をベースに開発されたデジタル書体である。歴史的価値が高く文化性に優れた古籍文字に、長期の開発期間を費やしデザイン性を追求しブラッシュアップさせた事により、文化性と芸術性の高さが融合された稀有な書体として完成に至った。
「古籍木蘭」、「古籍真竹」、「古籍銀杏」、「古籍糸柳」、「古籍黒檀」の古籍の冠が名づけられた五つの書体は、それぞれに異なる特徴を有しながらも、どこか古風な情緒が醸し出されており、古籍書体シリーズとしての一体感を感じさせる書体として大きく評価され、2014年度グッドデザイン賞を受賞した。

 

▼ ダイナフォント年間ライセンス製品「DynaSmart V NOW!」

ダイナコムウェア DynaSmart V NOW!

ダイナコムウェア DynaSmart V NOW!

 

中国語(繁体字・簡体字)88書体、韓国語4書体のほか、欧州言語(※)、ベトナム語、タイ語、ミャンマー語、ヒンディ―語、ヘブライ語、アラビア語といった多言語書体を含むダイナフォント1,700書体以上を収録し、印刷物・Webデザイン・電子書籍・映像・動画・デジタルコンテンツ・ゲーム&アプリにいたるまでダイナフォントの使用許諾範囲を大幅に広げた年間ライセンス。契約はPC1台限定で契約年数は1年単位。Windows、Macintoshどちらにも対応しており、OpenTypeからTrueTypeまで収録した豊富な書体バリエーションを誇る。また毎年リリースとなる最新書体をアップグレードにて提供している。

 

▼ ダイナフォント年間ライセンス製品「DynaSmart V 更新パック」  

ダイナコムウェア DynaSmart V 更新パック

ダイナコムウェア DynaSmart V 更新パック

 

DynaSmart VおよびDynaSmart V NOW!を契約ユーザーを対象とした事前の更新手続きが不要で、購入後、1年間ご契約を更新できるパッケージ。契約はPC1台限定で契約年数は1年単位。  

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー