mojiru

mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

文字を作る仕事

文字を作る仕事

文字を作る仕事

 

文字を作る仕事

著者はmacOS、iOSに標準搭載されているヒラギノシリーズの開発で知られる書体設計士であり字游工房代表取締役である鳥海修氏。

和文書体の設計には膨大な時間を要する。
暴論すると英語アルファベットなら大文字、小文字合わせて52文字のところ、和文には平仮名、片仮名、そして漢字がある。

本文書体をデザインしようとしたら平仮名、片仮名、漢字、アルファベット、どれも疎かにできない。

そんな本文書体に挑む著者が文字作りに語ったのがこの著書。


1 書体を作るということ

・私は書体設計士
・たかが文字、されど文字
・なぜ、新しい書体を作るのか

2 書体作りのきっかけ

・めざすはカーデザイナー
・二人の先生
・文字は水であり、米である
・ずっと描くことが好きだった
・モノ作りの思い出
・読書から得たもの
・書体作りに生きるふるさとの原風景

3 人がいて、文字がある

・理想の本文書体とは─橋本和夫さんのこと
・おまえとは一緒にやらない─鈴木勉さんのこと
・游明朝体R─京極夏彦さんのこと
・藤沢周平を組む─萬玉邦夫さんのこと
・読みやすく、美しくなければいけない─石川九楊さんのこと
・鳥海さんが作る書体はきらい─祖父江慎さんのこと
「くだらない」話─平野甲賀さんのこと

4 文字を伝える

・書体の作り方を繋ぐ
・理想の文字

書体作りを志すきっかけから書体作りへの氏の想いが伝わる一冊。これから書体デザイナーを志す人などにオススメ。

2016年6月26日に印刷博物館で行われた「本づくり協会の集い・本づくり協会セミナー」の鳥海修氏の講演でこの著書はInDesignで直接組みながら書いたとおっしゃっていた。

あとがきで触れていたが、この著書で使用されている本文書体は、漢字が「游明朝体R」、仮名が株式会社キャップスの「文麗仮名(デザインは字游工房)」。

▼游明朝体R

www.jiyu-kobo.co.jp

▼文麗仮名

www.caps-font.com

付録として巻末に看板探訪も収録。

・人形町 よし梅
・京都 二軒のおでん屋
・上野 蕎麦屋の陰と陽
・山形 ふるさとの味

看板の文字に解説しているだけでなく、のその店の味についても触れており食レポの様相もあり、箸休めにもなる。

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー