mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

BCN AWARD 2017 フォントソフト部門に関して

【スポンサーリンク】


BCN AWARD 2017が発表され、フォントソフト部門の最優秀賞を株式会社モリサワが受賞した。

2016年のシェア率の上位3社は、モリサワが35.7%、フォントワークスが23.0%、ダイナコムウェアが19.6%という結果で、これでモリサワは2年連続の2回目の受賞となる。

モリサワの公式サイトによると、ソフトウエアカード形式での製品展開が始まったことで販売店舗様の取扱いが増えた事が受賞の要因。

そのモリサワの主力製品は「MORISAWA PASSPORT ONE」 となる。

MORISAWA PASSPORT ONE

MORISAWA PASSPORT ONE

 

モリサワフォントといえば印刷・出版業界において圧倒的なシェア率を誇るが、昨年は、君の名は。のタイトルが「A1明朝」、シン・ゴジラの劇中内テロップで「本明朝EⅡ(タイプバンク)」と映像業界でも大きく話題を攫っていたのが印象的。

2位となったフォントワークスは2016年11月10日に新発売した新世紀エヴァンゲリオンで使用された「EVA-マティス-クラシック」と新劇場版で使用された「EVA-マティス-スタンダード」を収録した「エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB TrueType版」が大きなヒットとなった。

製品名に「エヴァンゲリオン公式フォント」というネーミングを付けたセンス、その製品名の使用を許可されるフォントワークスと庵野監督およびEVA製作委員会による長年に渡る深い信頼関係を感じさせる製品として率直にすごいと思った製品だった。

またパッケージ購入特典として「新世紀エヴァンゲリオン」と「マティスEB」の長年の歴史、「新世紀エヴァンゲリオン」のタイポグラフィ表現が業界にもたらした功績、そして「マティスEB」の字形デザインの特長などを綴った冊子が付くなど、フォントに興味はなくても「新世紀エヴァンゲリオン」ファンの所有欲、購買欲を刺激する製品になっている点もヒットの要因。

フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版

フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版

 

 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー