mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

リトル・ランナーでも、リアル・ランボーじゃない!「リトル・ランボーズ」

【スポンサーリンク】


リトル・ランボーズ

 

リトル・ランボーズ

[オススメ度]
★★★★★

[スタッフ]
脚本・監督:ガース・ジェニングス

[出演]
ビル・ミルナー、ウィル・ポールター

[上映時間]
96分

 

リアル・ランナーでも、リアル・ランボーズではない。ランボーが現実に存在していて、たった一人の軍隊と化して地獄絵図のように暴れまわる作品ではなく、心が温まる作品である。

イギリスのとある田舎町が舞台。 

テレビ、ラジオが禁止の戒律が厳しいプリマス同胞教会の教徒である母子家庭の気弱なウィルと、コンテストに出すために自主映画を撮ろうとしている、学校の鼻つまみ者で問題児で、お兄さんと2人暮らしのリー・カーターの2人が主役。

リー・カーターが映画館で盗み撮りしてきたランボーを見てしまったウィルは、ランボーに夢中になり、ランボーの息子役という設定でリー・カーターの映画に出演する事になり、2人は映画を撮り始め、その過程で友情を芽生えさせていく物語。

主演の2人がかわいらしく、感動のラストが待つ良い作品だった。

大人になるしかなかった子供と、子供らしさを禁じられた子供。彼らを救ったのは、愛でも、神様でもなく、〈たった一本の映画〉だった ――。
1982年、イギリス。11歳のウィルは教会の厳しい規律のもと、音楽や映画、TVなど、すべての娯楽を禁止されて育ってきた。そんなある日、ウィルは学校きっての問題児で、いろんな悪さを平気で働くカーターと出会い、彼の自宅で生まれて初めて映画『ランボー』を観る。それはウィルにとって人生最初で最高の衝撃だった・・・。そして、僕らもこんな映画を作りたい!そんな気持ちで結ばれた二人は、お手製の映画作りを通じて友情を深めていく。
とびきりポップな感動に包み込んでくれる、遊びごころがギッシリ詰まった少年たちの友情と絆の物語。

 

▼タイトルが似てるリトル・ランナー 

リトル・ランナー [DVD]

リトル・ランナー [DVD]

 

マラソンを通して親子の絆を描いた感動のドラマ。学校では問題児のラルフ。ある日、彼の母親が入院中に昏睡状態に陥る。「奇跡でも起きない限り目覚めない」と医者に宣告されたラルフは奇跡を実現させるため、ボストンマラソン優勝に挑む。(「キネマ旬報社」データベースより)

 

▼ランボー

ランボー [Blu-ray]

ランボー [Blu-ray]

 

ベトナム帰りの復員兵ランボーは、戦友を訪ねてある町にやって来る。だが戦友は化学兵器の後遺症で死んでいた。復員兵に冷たい国への怒りが、よそ者に対する警察の屈辱的扱いをきっかけに爆発する。たった一人の軍隊と化したランボーは、数百人の警官隊を相手に壮絶な戦いを開始する。

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー