mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

「桐島、部活やめるってよ」のやめるってよに“ば”を加えるとナルト風になる「サスケェ!、里を抜けるってばよ」

【スポンサーリンク】


桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ

[オススメ度]
★★★★★

[スタッフ]
監督:吉田大八
脚本:喜安浩平、吉田大八

[出演]
神木隆之介、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、藤井武美、岩井秀人、奥村知史、太賀、大後寿々花

[上映時間]
103分

 

な、なんだってー、桐島が部活を辞めるってー!
あの桐島が部活を辞めるッ!

いやはや、桐島が…。

 まさか桐島がね~。 

桐島に限ってね~。

 うちの桐島、知りませんか?

日本人よ、これが桐島だ!

桐島とは一体。 

とある金曜日の放課後。

バレー部のエースにして学校の人気者、いわゆる持てる者・桐島、その桐島のバレー部退部のニュースが校内を震感させた。

 一体どうして!?

 退部に関して様々な憶測が流れる中、当の桐島は姿を消し、その理由は、桐島の彼女にも、桐島と共に学校の中でイケてるグループに属する友人達にも、バレー部のメンバーにも知らされず。

 そのニュースは学校内の様々な人間関係に少しずつ蔭を落としていき、やがて、直接、桐島に関係のないいわゆる底辺グループの映画部やらまで巻き込んで、やがて、ある局面を迎える。

主演は神木隆之介。

桐島役ではなく、学校の中では底辺ランクに存在する目立たない男子・映画部で活動する映画オタクの役を見事に好演し、かつての天才子役が見事にナヨナヨしたオタク系男子をリアルに演じられる日が来る事に感慨を覚える。

時代は違えどリアルな人間関係の縮図に、ふと高校時代の自分の立ち位置はどこだったのかという事を思い返させる。

古い傷を抉られたようなほろ苦い気持ちにさせられ、モヤモヤさせられる中で迎える大きなカタルシス、そして、さらにモヤモヤさせてくれるラスト。

 観終わった後の爽快感はないけれど、2010年代の学園映画の金字塔と呼ぶべき映作品。

 

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ

 

ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。
1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター"桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと。
彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、退部に大きな影響を受けるバレーボール部の部員たちはもちろんのこと、
桐島と同様に学校内ヒエラルキーの“上"に属する生徒たち、そして直接的には桐島と関係のない“下"に属する生徒まで、 あらゆる部活、クラスの人間関係が静かに変化していく。
校内の人間関係に緊張感が張りつめる中、桐島に一番遠い存在だった“下"に属する映画部前田が動きだし、物語は思わぬ方向へ展開していく。

 

 原作小説。
▼桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

 

 田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。(「BOOK」データベースより) 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー