mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

ゾンビ大陸 アフリカン

スポンサーリンク

ゾンビ大陸 アフリカン [DVD]

ゾンビ大陸 アフリカン [DVD]

 

タイトル:ゾンビ大陸 アフリカン 

ついにゾンビがアフリカに渡った。 

最近のゾンビ業界のやり尽くした感から来る気をてらった邪道とも言えるゾンビモノとは一蹴を画す王道でシリアス、骨太のサバイバルゾンビ映画になっていた。

 アフリカンゾンビの特徴として、最近の素早いゾンビとは違い、動きが鈍く、牛歩戦術のようにゆったりとスローライフに人間に向かってくるいわゆる元祖ゾンビとも呼べるべき存在だが、舞台がアフリカだけあって、生き残る為に注意すべきはゾンビだけではない。

照りつける太陽や砂漠、岩山等、高大なアフリカの大地では、その圧倒的な自然も襲い掛かってくる。

スーパーもない、ガソリンスタンドもない、ましてやコンビニエンスストアなど歩いて5分はおろか存在もしない、ピザーラが30分でピザを届けてもくれない過酷な状況下で、ガソリンなどの物資や、食料や飲み水も定期的に補給する事もできない様は、これぞ、まさにサバイバル!

アフリカ大陸でゾンビが発生する事態が突如発生し、駐留していた米軍は撤退を敢行。

米軍のエンジニアである主人公も愛する家族の待つアメリカに戻る為、軍の最後の撤退機に乗車していたが、機内にて乗客がゾンビ化、飛行機は、アフリカを離れる事無く墜落。

墜落した飛行機からなんとか生き延びた主人公は、息子を探す為に軍を抜け出したアフリカ人兵士を相棒に、2人で、避難所となっているという基地を目指してゾンビ溢れるアフリカ大陸を進んでいく。

 渇いた大地にアフリカンゾンビが妙にマッチした王道のゾンビサバイバル、ゾンビ好きならオススメの一作です。

 次作は、冷え切った大地を舞台とした極寒のゾンビ映画を希望したい。

「ゾ、ゾンビが凍っていくぞ!」

北米が泣いた、そしてセイウチも鳴き叫んだ「 ゾンビ大陸 アラスカン」はいかがでしょう。 

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー