mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

ヒノメアールなのか、ヒメノアールなのか、どっちなのか「ヒメアノール」

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20171202125541j:plain

ヒメアノール

[オススメ度]

★★★★☆

 

森田剛扮するサイコパスがとにかく怖い、サイコパスが包丁を握るとこんなにも怖いのか、と感じたショッキングな映画。

タイトルがヒノメアールなのか、ヒメノアールなのか。

ヒメアノ~ルの意味を映画の公式サイトからの抜粋。

ヒメアノール【hime-anole】名詞・造語
“アノール”とはトカゲの1科である。イグアナ科アノール属に含まれるトカゲの総称。
165種ほどがある。(ヒメアノール=ヒメトカゲ)となるが、“ヒメトカゲ”とは体長10cmほどで猛禽類のエサにもなる小型爬虫類。つまり、“ヒメアノ~ル”とは強者の餌となる弱者を意味する。

▼ヒメアノール 

ヒメアノ~ル 通常版 [DVD]

ヒメアノ~ル 通常版 [DVD]

 

めんどくさいから殺していい?
捕食者と被食者。この世界には、2通りの人間しか存在しない。「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤に、想いを寄せるユカとの恋のキューピッド役を頼まれて、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一と出会う。ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。
岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する。 

▼ヒメアノ~ル コミック 1-6巻セット (ヤングマガジンコミックス) 

ヒメアノ~ル コミック 1-6巻セット (ヤングマガジンコミックス)

ヒメアノ~ル コミック 1-6巻セット (ヤングマガジンコミックス)

 

主人公岡田進とその同僚であり友人である安藤の主に恋愛にまつわる話と並行して、森田正一の快楽殺人犯としての日々を描いている。 岡田 進(おかだ すすむ) 主人公。ビルの清掃会社のパートタイマー。25歳。判を押したような何もない日々と孤独に不安と不満を抱いている。安藤の紹介で阿部ユカを知り、その後彼女が岡田に告白して二人は付き合い始める。度々安藤にお願いされたり、訳の分からない話を聞かされたりしている。常識的な人物で、時には男らしい一面も見せる。 安藤 勇次(あんどう ゆうじ) 岡田が勤務している清掃会社で働いている男性。31歳。阿部ユカに惚れている。迷走する岡田を説教するしっかりした一面を持つが、実際は根性無しでいじけ虫のダメな人。性格は純粋で、「日本でピュアな人50人に入る」と自負している。 阿部 ユカ(あべ ゆか) カフェで働いている女性。21歳。森田に付け狙われている。かなりの美人で、森田曰く声がとても綺麗。岡田に告白し、付き合い始める。基本的にしっかりした性格だが、自虐的で天然な一面も持っている。 森田 正一(もりた しょういち) 岡田の元同級生。高校時代に河島と高橋にひどいいじめを受けていた。カフェで働いている阿部を付け狙っている。ぼんやりしているが、実態は人の首を絞めて殺すことに性的興奮を感じるいわゆる快楽殺人者であり、本作のもう一方の主人公であるといえる。作品の中で、物語は彼の視点で進む所がある。 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー