mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

世の中にはピエロ恐怖症というものが存在する

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20171010153553j:plain

ピエロがお前を嘲笑う

[オススメ度]
★★★☆☆

[スタッフ]
監督:バラン・ボー・オダー
脚本:バラン・ボー・オダー、ヤンチェ・フリーセ

[出演]
トム・シリング、シュテファン・カンプヴィルト、トリーヌ・ディルホム

[上映時間]
106分

 

白い皮膚、割けて真っ赤な唇、マクドナルドのドナルドを筆頭としたピエロを見ると恐怖で泡を吹いたり気絶する「ピエロ恐怖症」というものがあるらしい。

そんな人は観れないかもしれないが、ピエロのお面をつけたハッカー集団が登場する映画だ。

そのハッカー集団の一員であるベンヤミンが警察に出頭した。取り調べをする女性捜査官にベンヤミンは自白を続ける。その自白をもとに捜査が行われるが、果たしてベンヤミンの自白はどこまでが真実なのかー。

ハリウッドでリメイクされるそうで、公式サイトでもマインドフファックムービーと呼称しているが自分もすっかり騙されてしまった。 

 

▼「ピエロがお前を嘲笑う」Amazonビデオでの視聴はこちら

学校では苛められ冴えないベンヤミン。試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックスと知り合う。マックスとベンヤミンは、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成する。国内の管理システムを手当たり次第ハッキングを仕掛け、さらにドイツ連邦情報局へもハッキングを仕掛け、有頂天になっていたが、仕掛けた不用意なハッキングがきっかけで殺人事件が発生してしまう。ついにユーロポールの捜査が入り、自ら出頭することにしたのだったが…。 Rating PG12 (C) Wiedemann & Berg Film GmbH & Co. KG, SevenPictures Film GmbH 2014; Deutsche Columbia Pictures Filmproduktion GmbH

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー