mojiru

mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

タイププロジェクトが都市フォント「濱明朝」の発売を7月24日から開始

f:id:mojiru:20170724152546p:plain

 

タイププロジェクト株式会社は2017年7月24日に都市フォントプロジェクトの1つである、横浜をイメージして開発した「濱明朝」の発売を開始した。

濱明朝は、港を往来するフェリーや水平線をイメージしたほっそりとした横画に対し、海上から望む建築群を表現したどっしりとした縦画の太さを持たせた明朝体。

縦画と横画の対比を際立たせるという特長をより強く押し出したファミリー展開で、都市の幅の広さや、新しいものを取り入れるといった横浜の懐の深さを表している。

また横浜という都市の幅の広さや新しいものを取り入れるといった懐の深さを表現した明朝体ならではの特徴として4つの太さのバリエーションを持ち、タイトルや見出しなどの使用を想定したヘッドラインとディスプレイ、本文や注釈などでの使用に適したテキストとキャプションは、デザインの一貫性を保ちながら、それぞれ6ウエイトのファミリー展開となった。

f:id:mojiru:20170724152549p:plain

現在、大佛次郎記念館のサインや、天野和俊デザイン事務所が最優秀賞を受賞した横浜市中区馬車道商店街協同組合の150年記念ロゴタイプに採用されるなど、横浜での採用が広がっている。

濱明朝のデザインを担当した、タイプデザイナーの両見英世は「濱明朝の発売までにご協力をいただいた多くの皆様に、心よりお礼を申し上げます。2009年から制作をすすめてきた濱明朝を皆様に使っていただけるようになり、とても嬉しく思っています。新しいものを受け入れるという開港以来の風土を、現代まで続く横浜のアイデンティティのひとつと捉えデザインに取り入れました。濱明朝が、横浜の街で育まれ、いつか横浜を彩る風景の一部となることを願っています。」と述べている。

 

▼書体名
濱明朝

▼販売価格
1ウエイト(ダウンロード版のみ):20,360円(税込)
6ウエイトセット (EL / L / R / M / B /H):ダウンロード版 110,000円/CD-ROM版 113,000円(税込)
24フォントセット (6ウエイト×4バリエーション):ダウンロード版 390,000円/CD-ROM版 393,000円(税込)

▼製品仕様
・文字セット:9,498字(Adobe-Japan1-3に準拠し、JIS第一・第二水準漢字とEuro記号を包含)

・ウエイト: EL (エクストラライト)/L (ライト、R (レギュラー)/M (ミディアム)/B (ボールド)/H (ヘヴィ)

・フォーマット:OpenTypeフォントフォーマット

・動作環境:Mac OS X、macOS Sierra 10.12、Windows 7、8 、8.1、10 (いずれも日本語版)

 

▼購入先

shop.typeproject.com

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー